SARD スポーツキャタライザー

「直管サウンド」になってしまうと噂のスポーツキャタライザーですが、実際はどの程度なの?と言うことで、実際に付けてみました。 

img_20061212T233110734
SARD製・MZ-04(という型式らしい)

 

申し訳程度の遮熱板。
img_20061212T233111531

 

排気温度センサーのフランジですが、よく見るとフランジとパイプを溶接した後に、面だしの為に「スッて」います。
同じような手間が本体フランジにもほどこされていました。とても丁重な造り。
img_20061212T233112203

 

お約束の「向こうが見えてしまう」の図。
思ったよりスカスカで、チョット心配になる...。
img_20061212T233305828

 

ついでに純正触媒と重さを比較してみます。
純正4kg、スポキャタ1.5kg。 ストレートパイプ並み?
img_20061212T233112703 img_20061212T233113296

 

取り付けるとこんな感じになります。
排気温度センサーがPPFに干渉したので、少し曲げて調整しました。
img_20061212T233113828


装着前後にテクエジでログを取ってみましたが、空燃比などは特に大きな変化は見られませんでしたが、排ガスが「溜まる」感じが無くなって、表示の変化が速くなりました。
エアフロの最大電圧が0.1V大きくなっていましたが、外気温度差が原因かもしれませんので、気のせいという事にしておきます(笑) 

「抜け」はさすがに良くなっていて、3000r.p.m辺りの低速トルクが若干細くなった分、 回転上昇と言うかレスポンスは良くなっています。

それと気になる音量ですが、アイドリングでは特に変化を感じませんでした。
走ってみると、3000r.p.m~4000r.p.m辺りの音量が大きくなっていましたが、長距離も我慢できる範ちゅうです。 
これはメインパイプが50mmで、思いっきり消音を意識したマフラーだからこの程度で済んだのではないかと。
2寸管だと抜けすぎるような気がしますねぇ...。また機会を作って試してみましょうか。

それと、以前から気になっていたエキマニの「シャリシャリ音」が消えました。
やっぱりこの音は、触媒付近で溜まってしまうガスと、エキマニから排出されるガスの干渉音だったようです。

減ってしまった低速トルクは、点火時期やバルタイで補てん出来れば言う事ありませんね。

簡単ですがこんな感じです。

 

マフラーインプレッション

「ロドスタのマフラー選びは難しい」と思う人は多いでしょう。

私もその1人で、音質や音量、ルックスなど全て気に入ったものをカタログで見つけるのは至難の業ですよね。

あれこれ想像してみても、実際に装着しないと結局はわからないですから。

ロドスタオーナーになってから、実際につけてみたマフラーも数種類あり、それぞれ持った印象を書き留めていこうと思います。

私の独断と偏見ですので、参考程度に読んで下さいね。

2寸管以外は3万キロ以上使用しています。
 

 

・装着車両の仕様
NA8Cシリーズ2
圧縮比:10.7(面研0.8mm+NB2ピストン+255カム) 
ECU:BPF3-881B(燃調と点火次期をリセッティング)
EXマニ:フジツボ
触媒:ノーマル

あと、音量音質に記載の数値ですが、これは夜中の0時に自宅前でエンジンをかけた時、ご近所さんに対して「すいません」 と思う度合を表します。
100%で通報されるだろうといったレベル(笑)

 

ノーマルマフラー(マツダ) 

構成
触媒以降非分割の1本モノ。
重量は未計測ですが、10Kgほどあるのではないでしょうか?
メインパイプは50mm弱でテールは60mm。

音量、音質(20%)
ノーマルエンジンにベストマッチ。排気音は純正としては大きい方ですね。
タイコの中は隔壁のみで、グラスウール等の消耗品は使っていませんから、経年劣化で音が大きくなることはほとんど無いでしょう。 
消音をきっちりした上で乾いた心地よいEXノートを出すので、トータルで考えるとすごく出来が良いと思います。

まとめ
ノーマルエンジンのロドスタの場合、トータルバランスでノーマルマフラーを超えるものは無いと思う。
唯一気になったのは、圧縮比やカム交換等エンジン仕様をかえた後にレブ付近まで引っ張ると、あからさまに抜けが悪いように感じた事。 
しかし、普段の使い勝手が非常に良いので、抜けのマイナス面もあまり気にならないかも知れません。
「あえてノーマルマフラーです」という選択も充分理解できる高性能なマフラー。
あなどれません。
 

 

2寸管 (RSファクトリーステージ)
img_20060930T125320218

構成
触媒以降2分割で、各パイプにサイレンサーが付いています。
重量はセンターパイプ3.6kg、テールピース4.6kgで計8.2kg(実測)。
パイプ径はその名の通り60mm(2寸)でテール径も同じ。
パイプ厚は1.5mmです。
 

音量、音質(60%)
回した時の音質はとても良く、エンジンが発する音を素直に出しつつ、澄んだ音質に調律した感じ。
装着したマフラーの中で一番好きな音です。
また、点火時期や圧縮等、装着したクルマの仕様で音量、音質が変化します。
音量についてですが、特に早朝深夜、住宅街での暖機運転はできません。(キッパリ) 
とにかく低音が響きわたります。
エンジンの回転を上げていくとその分音量が素直に大きくなりますから、普段街乗りに使うのは厳しい印象を持ちました。
気持ちが高揚している時はいいのですが、疲れているときは結構しんどい。
正直言うと、高速道路で長距離走るのは勘弁して欲しい。隣との会話もままなりませんし。
付属するファンネルは全体的な音量を抑えるというより、ある回転数の音を小さくするといった感じ。
ファンネルの長さを変えると、そのポイントがシフトする印象を持ちました。
アイドリングの響いた感じはずいぶんと抑えられる気がします。
私の場合、テールを分割してリアサイレンサー直後にファンネルを装着。
アイドリングの響く感じはずいぶん抑えられましたが、全体的な音量はあまり変わりませんでした。
一番効果的な装着位置はテールエンドのようです。
NA6に装着すると、こもり音や音量が大幅に抑えられて同じマフラーと思えない事があった。これなら普段でも充分使えると感じました。 
NA8だと途端に音量が上がり、こもりも発生するのでエンジンの仕様に大きく影響されるのでしょうね。

まとめ
抜けのよさと音質、ルックスは文句なしです。でも、普段使うにはちょっとうるさいかなぁ?
友人の家に行ったら、チャイム鳴らす前に出迎えられました(笑)
とにかく平穏な音量よりも、エンジン性能をフルに発揮するマフラーが欲しいといった方にお勧め。

img_20060930T125322171

 

ヒットマン3 (タックイン99)

構成
触媒以降2分割でサイレンサーはテールピースのみ。
重量はセンターパイプ1.8kg、テールピース5.5kgで計7.3kg(実測)。
パイプ径は60mmでテール径は70mm。
パイプ厚はメインパイプ1.0mmで、テールのみ1.5mmです。
音量、音質(45%)
排気音が少しパタパタしているのと、振るとガサガサいったので(笑)隔壁と消音材を両方採用しているように思ったのですが、 タイコはストレート構造だそうです。(T氏情報)
音量はノーマルと比べて約25%増しといったところ。
しかしそれを感じさせない乾いた音質ですので、普段使っていても疲れはほとんどありませんでした。
2寸管のようにエンジン仕様で音質が大きく変わるという事はなく、どんな車でもEXノートは同じのような気がします。
残念なのはパタパタ音が結構するので、個人的に好きな音質では無いって事でしょうか。
そして特筆すべきはその重量。
メインパイプとテールピースをつなげて持ってみると、その軽さに驚きました。
ホントにステンレスか?と疑うほどです。

まとめ
メイン径が60mmで吹けも良く、しかも軽量で消音もバッチリな逸品。ハイレベルでバランスがイイので、もっとコンマフのように 「これはイイ!」と騒がれても良いような...。
こもり音は小さく、音があまり大きいのはちょっと...
でもマフラー交換したのがはっきりとわかって、ノーマルより吹けがイイマフラーが欲しいといったワガママな方におすすめ。
多分これを手に入れた人はトータルバランスの良さを気に入り、経年劣化で交換を迫られてもまたこのマフラーを購入する気がします。 

img_20060930T125325171

 

ステンレスマフラー (オートエクゼ)
img_20060930T125326593

構成
触媒以降2分割でサイレンサーはテールピースのみ。
重量は10.4kg(カタログ値)
パイプ径は50.8mmでテール径は80mm。
パイプ厚はメインパイプ、テール共1.5mmです。

音量、音質(20%)
サイレンサーはストレート構造(エクゼサイトの記述)を採用しており、大きくて結構重たいです。
音量はノーマルと変わらず、回しても少し低音が強調されているくらいで大差ありません。
アイドリングの時、かすかにパタパタ音がしますので、ストレート構造とはいえかなりタイコ内で絞っている感じがします。
低速が無くなるほどの抜けの良さはありませんが、高回転時の詰まった感じもあまりしなかったので、ノーマルよりはイイのでしょう。

まとめ
これに交換しても音では気付かれないかも(笑)
それ程ノーマル然としたマフラーです。
ただ、ストレート構造でこれだけ消音するモノも少ないので、普段の町乗りやツーリングなどの時には重宝するでしょう。
音量音質とも劇的な変化がありませんので、物足りなさを感じる人もいるかも知れません。
交換したのにノーマルと変わらんから手放したといった話も耳にしますので、ノーマルに毛が生えた程度がイイと思う方にお勧め。

 

直圧式サンドブラストの自作

そもそもサンドブラストに興味があったのは、10年ほど前BMW2002に乗っていた時のこと。

当時は部品も少なく、エンジン部品もきれいにして極力再利用しなくてはいけません。

そんな時活躍するのがサンドブラストで、汚れと腐食で汚くなったカムカバーやロアアームが瞬く間に新品部品のようになりました。
当時ブラスト処理できたのも、専門ショップと付き合いがあったからこそ使えた工具でしたが、最近は格安工具店が増えてきて、 その気になれば個人所有もそんなに無茶な話ではなくなってきた感じがします。

しかし安いブラストを手に入れて、1馬力そこそこのコンプレッサーにつなぎ使ってみると、 あまりの効率の悪さに驚いた人も多いのではないでしょうか?

一番安く手に入るのが「吸い上げ式」で、カップやバケツ等にメディアを入れて霧吹きの原理で砂を吹き付けるもの。
メディアを吸い上げる事にパワーを食われてしまうので、非力なコンプレッサーでは安定したブラストは出来ません。

じゃあ落下式はどうかと言うと、これもノズル径が大きいものだと小さなコンプレッサーではチョッと苦しい。
吸い上げ式に比べたら使える方だと思いますが、キャビネット内ではメディアタンクが邪魔で取り回しが悪いと感じる事もしばしば。

そんな中、1万円そこそこの安いコンプレッサーで、何とか快適に使えるブラストが出来ないかと調べると、「直圧式」というものを発見。 

そういえばオールドタイマー誌にも載っていたような気がして、バックナンバーを片っ端から読んでみました。(旧車に乗っていた関係で、 創刊号から愛読しておりました。60号くらいでさすがに購読はやめましたが)

構造を見る限り、適当な配管で組めそうに思いましたが、最大のネックはメディアを入れる容器を加圧しないといけない事。

プロパンボンベもそう簡単に手に入れる事は出来ませんし、圧力容器をなめてかかると大怪我しますので、 その辺りをどう解決するかとしばし考える。
結局、10年物のコンプレッサーを流用して作ることにしました。
img_20060830T161034921 元はこんなの

 

いろんな配管がタンクから出ていますので、加工も最小限で済みそうですし、圧力計などこまごました部品も流用できそう。
しかも圧力タンクそのものですから加圧するのも安心です。


コンプレッサー分解と部品構成
まずは旧コンプレッサーをばらして、 タンク単品にします。
タンクから出ているネジ部のサイズを測り、使うネジの大きさや、配管の太さなどを決めていきます。
そして出来た構成図を元に部品発注。


構成図(コンプレッサータンク流用)
img_20060830T161035953

 

タンク加工
どうしても1箇所ニップルの溶接が必要だったので、 いつもの職人さんの所へ。 

MIGにてババッと溶接。

職人さんいわく、「圧力容器ってホンマは加工したらアカンし、耐圧試験もやった方がエエで」との事。

あくまで自己責任ということで、加工していただきました。

次にタンクを自立させるために、手持ちのアングル材を切った貼ったします。
アングルを溶接すると結構歪むので、今回は穴あけとボルトナットで固定しました。

穴あけが適当なのか、なかなかちゃんと立ってくれない(笑)
微修正してガタを無くした後、キャスターを付けて自立作業は終了。

img_20060830T161036828 正直一番時間がかかった...


配管作業
図面通りにとりあえず組んでみました。

レギュレーターの固定を済まし、あとは空気配管のネジを締めるだけです。
img_20060830T161037640 img_20060830T161038453

 

実際に組んでみると、頭に描いただけの構成より、取り回しが良かったり収まりの自然な構成が見えてきたりしますので、 適宜修正しつつ組んでいきます。
一番楽しい時間ですね。
上の構成図は最終のもので、実は3回変更しています。


完成品(Ver.1)
img_20060830T161039062 img_20060830T161039796 img_20060830T161040328 img_20060830T161040843 img_20060830T161041375 img_20060830T161042000

 

使ってみて 
最初は具合よくメディアが出てきますが、すぐに止まってエアだけ噴き出す現象に悩まされる。 

タンクをガシャガシャと振ると再び出てくるのだが、片手にノズルを持ちつつ反対の手でタンクを揺さぶるのは非常に面倒だし、 作業に集中できないのも困る。

不具合箇所を探すため、一旦チーズの部分を外し、 上のバルブを開けて覗き込むと下の図のように溜まったメディアが見えました。
で、タンクを揺さぶると、サラサラとメディアが落ちていきます。
img_20060717T202714546

タンク内にかかる圧力でメディアが出てきそうなものですが、そうはいかないみたいです。 

この現象を解消するにはタンクの底に急な角度をつけるか、タンクの直径を小さくすれば解決しそうですが、その加工も出来そうに無い。 

タンク内に1/3以上のメディアを入れたら、とりあえず連続使用できそうですが、違うメディアに入れ替えるのにかなり手間がかかりますね。

というわけで、塩ビの配管を使ってタンクを作る事にします。

知り合いの建築士に聞いたところ、排水用の塩ビ管で「VP」という規格のものは、 水漏れをチェックするのに17kgf/cm2程の圧力をかけているそうなので、1~2kgf/cm2では問題ないように思います。 (あくまで独断ですが)

 

構成図(VP配管タンク)
img_20060902T224401656


青タンクを取って、そこに塩ビタンク(配管径10mm)をつけましたので、その固定方法を決めるのに試行錯誤。
何とか固定し、配管変更してそれらしい形になった。(と思う)

 

完成品(Ver.2)
img_20060902T195407343 青タンクより確実に地味(笑)
img_20060902T195408125 img_20060902T195440109
 

タンクに空ける穴はできるだけ少ない方が良いので、TSキャップの上下2箇所にに下穴を開け、1/2タップでネジを切ります。
img_20111002T1956218591/2タップ。結構でかい。 


ネジが直接ささってます。
img_20111002T202706093

で、実際使ってみると、格好はともかく安定した動作で大満足。
やっと使えるツールになりました。


メディアの比較
サンドブラストするとどうなるか、比較してみます。

元はこんな感じ。
img_20060902T230454609 img_20060902T230453765


左がアルミナサンド、右がガラスビーズです。
img_20060902T195408703 img_20060902T195409203 img_20060902T195409703 img_20060902T195410171 img_20060902T195410656 img_20060902T195411375

 

アルミナサンド
img_20060902T195411843 img_20060902T225519781

 

ガラスビーズ
img_20060902T195412484 img_20060902T225521828

 

アルミナはつや消しでシックな感じ、ガラスビーズは缶スプレーでシルバーを塗った感じで安っぽく見える(笑)

個人的にはアルミナの方が好きですが、ちょっと汚れた手で触ると表面の細かいクボミにそれが入り込んでなかなか取れませんので、 実用的では無いように思います。

対してガラスビーズはツルッとしているので、拭けば汚れは取れます。
普通に使うにはコッチの方でしょうね。

 

カテゴリー: Tool

Tech Edgeバージョンアップ

1. RJ45S接続状態でLD02よりログスタートさせる
私のロットは1128。
このモデルでは、スプリッターを接続した状態だとLD02のロアボタンでログのON-OFFができないとの事。
本国ページに対処方法が紹介されていましたが、 写真が不鮮明でどうも分かりづらい。
細かい点をギアガレージさんに問い合わせ、対処してみました。

RJ45S裏面のパターンをよく見て、2箇所カットします。(写真×印)
img_20060226T212708433 

加工部のアップ。
img_20061029T234713140

後は各モジュラーの「2」番ピン間に小信号用ダイオードを2つ割り込ませばOKです。
ダイオードの方向に注意してくださいね。
意外と簡単でしょ?

2.1MBメモリー増設
WBO2A0というモデルの内蔵メモリは32KB。
100msのサンプリングレート(0.1秒毎に各センサー値を記録する)に設定すると128秒記録可能で、200msだと256秒 (4分27秒)ロギングできます。

それ以上の時間を望むならサンプリングレートを大きくするか、PCを車載してテクエジと接続しないといけません。
しかしPC車載はHDを振動で痛めますし、あまり大きなレートだとログデータが曖昧になりますので、どうしたものかと思っていたところ、 1MBの内蔵メモリーを搭載した2A1がリリースされました。
それに伴ってバージョンアップキットも発売されましたのですぐに注文(笑)

そのキットを組んでやると容量が約30倍になり、200msのレートで133分のロギングがテクエジ本体のみで可能となります。

届いたキット内容は、ログボタンとLEDが付いたログモジュール、MPUに12ピンヘッダ、予備の抵抗、ジャンパー線といったところ。
img_20060226T212708996

このバージョンアップには、ハンダ付け以外に抵抗やコンデンサの撤去、基板のパターンカット等必要ですので、 自信が無い方はテクエジ本体をギアガレージに送って作業してもらう事も可能です。

キットと一緒に加工場所や要領が記された説明書も付いてきますので、そんなに心配する事は無いと思いますが。


・基板加工と部品の取り付け
MPUと小さい8ピンのICをソケットから外し、抵抗(R301、R302、 R303)とコンデンサ(C311)を基板から撤去します。(ハンダシュッ太郎大活躍)
img_20060226T212709542 img_20060226T212710230
img_20060226T212710808 img_20060226T212711402
img_20060226T212711933 

パタ ーンカット位置は、基板表側のマーキング1箇所と基板裏のマーキング2箇所となります。
img_20060226T212713464 

裏側上の赤丸箇所はアースから浮かす為のカットになります。
パターンの周りを3箇所カットするので結構面倒ですが、気長に作業してくださいね。
img_20060226T212713964 

作業後は各部の導通なしを確認しておくと吉。

抵抗2箇所(R1とR406)を基板から外して裏の同じ位置にハンダ付けします。
写真は左右天地逆です。
img_20061115T094155531 img_20060226T212715292

キット付属の1.5kΩ(R1)と47kΩ(R406)の抵抗は、取り外す時に破損して使えなくなった事を想定し、 予備として付属されています。
上手く外せば元々付いていた抵抗は再利用可能です。


ログモジュール用の12ピンヘッダーを指定場所にハンダ付けします。
img_20061114T230701531 img_20061114T230702078

ジャンパー線を3本追加し、ログモジュールと新しいMPUをソケットに挿せば基板の加工は終了。
img_20061114T230702640 img_20060226T212718010


・ログモジュールとLEDの干渉について
組みあがって確認すると、2A0に元々付いている3つのLEDの内、赤LEDに追加したログモジュール基板が干渉していました。

2A0と2A1の写真を見比べると、本体LEDの位置が若干外側にずらされています。
最初から2A1を組む場合、追加されるモジュールの事も考えてケースに穴を開けることが出来ますが、2A0にモジュール追加するケースだと、 モノによっては大幅なLED異動が必要になることもあるようです。

モジュールのスイッチを移設して、基板を大幅にカットする手もありそうですが、私の場合は赤LEDの穴を少し外側に広げ、 モジュール基板を若干削って対処しました。
この方法だと2A1とほぼ同じフェイスに仕上がります。

加工という点では本体基板の半田付けよりも、LEDとモジュールの干渉、 モジュールスイッチとLED用の穴あけが一番手間で時間がかかるかも知れませんなー。
img_20060226T212718526

と、いう事で1MBメモリー増設完了です。

これで1走行会丸ごとロギングも可能ですし、パソコンを壊す可能性も低くなりますね。
2A0ユーザーの方々、3000円の値打ちは十分あると思いますよ。