Tech Edge 2Y1の組立て

img_20101206T233544140

ちょくちょくROMの実走セッティングを請け負う事があるのですが、対象の車にはERT(エミュレーター)と空燃比計を取り付ける必要があります。

空燃比計のセンサーは予備があるのでいいのですが、本体は自分の車からいちいち外して取り付けていたので結構面倒。

最近もこの方のセッティングをした際、いろいろあって(笑)

「やっぱりもう1つ欲しいな。」

と思ったのがきっかけで、1年ほど前に購入しておいた2Y1のキットを組み立てする事にしました。

本国ページのリファレンス(組立説明書)をプリントアウトしたものを見て「まあ何とかなるか。」と軽い気持ちで取り掛かったわけです。

しかーし、組み立てながらファレンスの内容を読んでいくと、分かりにくい所や間違った所が散見され、よくわからない状態で組み上げるのはさすがに不安になります。

回路図を凝視し、リファレンスを修正しつつ、最後はちゃけ先生のアドバイスのもと完成。

すでに組まれた方、これからチャレンジされる方の参考になればと、情報などまとめてみました。

ちなみに組み立てたのは「2Y1 ロガー無し (PCB rev 1.0b NOV07)」です。

 

下準備
キットの袋から抵抗やコンデンサーをざざっと出すと、同じ値のものは数値を書き込んだテープ、もしくは台紙でまとめられています。
組む時の手間を省くため、リファレンスの一覧と照らし合わせて、抵抗には「R*」とか「R**」、コンデンサーには「C*」や「C**」(*は数字)などテープに書き込んでおき、基盤(PCB)にプリントされた表示に合わせて組んでいきます。
img_20101206T233546953 
img_20101206T233547500

 

そうやって部品を確認していくと欠品があるかどうかもよく分からない(笑)ので、リファレンスの部品リストを修正したものを作って整理してみた。

2y1_list_thumb

修正箇所は以下のとおり。
・抵抗はすべて5%誤差(カラーコード:金)のものが入っていたのでそれを反映。
・カラーコードの修正。
・使用総数がわかり易いよう、抵抗値をまとめて表示。
・使わない部品は抹消線。

・16ピンのRS232Cドライバーは付属の「HIN202」を使わず「ADM3202AN」を採用。

これはテクエジ組み立てを数多くこなしてきた、ちゃけ先生からのアドバイスを反映しています。
エンジンをかける際に動作が不安定になるエラーの原因がこの「HIN202」にあり、本体を安定動作させる代替パーツが「ADM3202AN」なんだそうです。

組み上がった後の動作不安定に悩まされないよう、事前に用意しておく事をお勧めします。

【追記】
C14、C8をリストに追加。
R23~R25、C32~C34を追加。

 

組み立て
パーツの確認ができたら、リスト、リファレンス、基板のプリントを見てひたすら半田付け。
img_20101206T233547859 
img_20101206T233548234
img_20101206T233548609
img_20101206T233548984
img_20101206T233549375

基板に部品が付いたら、センサーコネクター&専用基板を銅線を使って組み立てます。
1mm浮かして基板につける指示があったり、細くて短い銅線をチマチマ8本つなぐのに骨が折れました...

ヒューズを入れてDC12V(電源)を基板に接続し、リファレンス「8.Testing」 に記載された部位の電圧を、ICを外した状態で確認します。

ちなみに測定箇所はヒューズ、U10、L1とアース(GROUND)間。

問題なければICとワイドバンドモジュール(miniPCB)を装着します。

センサーモジュールは付属の9mmスペーサーでは高さが足りず、傾いてマウントされたので薄いスペーサーでカサ上げして基板にストレスがかからないようにしました。

ジャンパーは部品点数と回路図から判断して、J2(J2-Wblin GND)のみ接続しました。

img_20101206T233549750 
img_20101206T233550140 

 

基板エラーなど
「10.7 2Y1 Errata」

img_20101206T234420218

*ST202/HIN202 Ground error
写真の部位にごく短いジャンパー線を接続して、 RS232C DRIVER15ピンをアース(GND)するのが目的。
ジャンパーはRS232C DRIVER13ピン(基板上でアースに落ちている)とC21(15ピンにつながっている)をつなぐ事で15ピンをアースさせるものです。

これをしていないと、PCと2Y1の通信が確立されませんので、必須の項目です。

「10.8 Important Note about the Wideband Module」
img_20101206T233551062

ワイドバンドモジュール(miniPCB)には横1列に12+12ピンを半田付けしますが、もうひとつジャンパーコネクタ付近に1ピンと、相手方のコネクタを本体基板に付ける必要があります。(赤丸のトコ)
配線図を見ると、47k@25℃thermistor が結線されるようです。 (使用されるかどうかは未確認)

【追記1】
IC電源を安定させるバイパスコンデンサー 「C14」と「C8」 が一覧から外れています。

回路図にはバッチリ載っていますが、リファレンスを参考にして組み立てれば、もれること間違いなし(笑)
コンデンサで1番数の多い「104」表示のあるコンデンサを使ってください。(余っていると思います。)
img_20101226T213147375

【追記2】
R23~R25C32~C34を取り付けないと、User1~3に電圧を入力しても正常に表示されません。(入力電圧:0~5V)
2Y1_USERinput

 

動作確認
ロドスタに2Y1を取り付け、ECUから分岐させた任意の外部入力線(USR1~3とGND)はY2(緑8ピンコネクタ)に接続。
2A1と大きく違っているのは、ケース底Y2コネクタ4ピンに書かれた「RPM」は2Y1では「GND」になっている事。
ここにタコメーターの線をつないでも回転数を表示しませんので、ケース側面のY3(緑10ピンコネクター)の8ピン「RPM」に接続します。(ロドスタの場合)

PCをつないでLD02等の外部モニター値とPC数値が大きく違わないか、表示に不具合が無いかを確認し、問題なければ完成!となります。

 

私に起こったエラー
2Y1は2A1で別に必要となるスプリッター(RJ45S)が内蔵されています。
なのでRJ45カプラーはY1A・Y1Bという形で2つ付いているのですが、センサーケーブル側のY1AにLD02(表示器)をつないでも動作しません。
PCをつないでも通信していない感じです。

うおー、何でだ...と再度基板をケースから外して調べる。
Y1A、Bの各端子は単純に分岐しているだけなので、同じ端子間は導通、もしくは抵抗値が出るはずだとテスターで確認していくと、Y1A 5ピン(GND)の導通が無い。

裏の半田部分とアース間も導通無し。そんなもん?いやそんな事無いぞとルーペで半田をよく見ると、どうもちゃんと付いていない感じ。

再度しつこくやり直すとアースが復活!(笑)
単に半田不良というオチでした...。

 

英語のリファレンスで、多少の不安を持っての組み立てになろうかと思いますが、ここまで紹介したポイントを押さえれば決して難しいものではないと思います。

しかしながら部品点数が多いので、時間はバッチリかかりますけど(笑)

まあ、それも楽しみの1つ、という事で。

te_2y1_thumb

ロールケージファイナル

img_20100906T233334828

 

温めていたといえ、既に3年も放置していたロールケージ。
いい加減自分のクルマに付け、走行会をオープンで走ってみたくなりました。

元々セーフティー21の5点式を改造してどーだバーと共存させようと考えたのですが、 ナロー化の為に一部を切り取ったメインアーチを見るうち、 溶接するとはいえ冷間引抜継目無炭素鋼管を切り貼りするのは、強度面で良いのだろうかと思うようになり、 またもや作業はストップ。

逃がすために1部切り取ったメインアーチ。
img_20100906T233335609

その後、同じものをオークションで購入し(形が気に入っていた)、 加工途中のメインアーチは追加バーの素材として使う為、切断してパーツ化しました。

メインアーチの加工は、「継いだり、大きな切り欠きは設けない」という条件を付けて、納得いく加工方法を考えます。
どーだバーとロールケージを共存させるには、特にハードトップフック部付近のメインアーチを、どう収めるかがキモです。

で、次の手はどーだバー側の加工。
img_20100906T233336078

確か2mm程フライスでフック部を削ればイケたんじゃないかと採寸してみたところ、 左右で10mmは削らないとセーフティー21が入らない事を確認。
そんなに削ったら固定部分がなくなる(笑)

残すはメインアーチをベンダーで曲げてナロー化するくらいでしょうか。
しかし後ろのバーを止めるブラケットが邪魔をして、曲げたいところで曲げられない感じです。

色々加工して結局だめにする可能性もありますし、セーフティー21を装着するのは諦めました。

こだわって2つも買ったのに(笑)

 

そんな中、カワモト君からロールケージ取り付けの依頼があり、 直送で届いたそれはサイトウロールケージのものでした。

目がいったのはナローなメインアーチ。

サイトウ製のメリットはシートベルトに干渉しない事と、無加工でどーだバーと共存できる事です。

メインアーチの角度は「どうもなぁ...」と思いましたが実際にカワモト号に取り付けてみると、色々考えて作られているのがわかり、 それ程気にならなくなりました。

オークションでサイトウ製と思われる物を探し、届いたのはスチール製の40φ。

♪どっちかなぁ~と梱包を持った瞬間わかりました。クロモリと比べて明らかに重いです。

別にどちらでも良かったので、気にしていませんが...いやホントですって(笑)
でも、微妙にがっかりした気もする。

 

仮組み

サイドフック部で固定する為のパーツ構成や、補強バーの追加方法を考えるためにまずは仮組みです。
img_20100906T233336484

夢のようなクリアランス(笑)
img_20100906T233336906

 

仮組みでロールケージを収まる位置を把握すると、リアバーのボルト穴は1箇所だけ使うことが出来、その他は開け直しをする必要がありそう。 

以前付けていたセーフティー21用のボルト穴は、サイトウの板で覆い隠すことが出来ませんので、後ろ側は当て板を工夫したいと思います。

お次はメインアーチ側。
リブの部分をかわす位置にボルトを通す為、サイトウのメインアーチが溶接された鉄板に穴を開け直そうと思いましたが、 そうするには鉄板が小さい事がわかり、ここも1から作り直す事にしました。
img_20100917T214248437

 

メインアーチの鉄板
まずは出来るだけフロアに対して安定した位置に鉄板が据わるよう、形状と大きさを決めて厚み3.2mmの鉄板を切り出す。
位置決めの参考に、1cm方眼を鉄板に書き込みました。
img_20100917T214248859

 

このままだとアンダーコートの上で安定しませんので、それを剥ぎ取ってから置く事にします。
img_20100917T214249281

 

ちなみにこのアンダーコートは純正ではなく、以前フロアのフレームを潰して鈑金に出した際、 ついでにツブれたリブと穴をふさいでもらったのですが、その時に鈑金やさんが貼ったもの。

剥がしてみると...
img_20100917T214249656

うーん、塗装されていませんけど orz。
img_20100917T214250046

穴はハンダで埋めた様ですね。ここは希望通りですが、なんか金属粉は大量に残ってるし...錆びて無いのでこれもアリ?

まあ個人的感想をいえば、見なかった方が良かった、でしょうか。

この際ですので、ちゃんと塗装してからメインアーチを置くことにしましょう。

 

フロア下の当て板
Lアングルを15cm位の長さでカットし、ボルト穴と左右をつなぐM6ネジ用の穴を開けます。
幅を微妙に調節できるこれを実際に取り付け、ちゃんとリブをかわす幅かを確認すると、もーホントにぎりぎりの位置。 ちょっと攻めすぎた(笑)

寸法取り用のマスター型。
img_20100917T214250437

 

メインアーチ
こんな感じでケガいてカット。
img_20100917T214250843 img_20100917T214251203

 

切り出した鉄板に乗せると残した鉄板の厚み分浮き、スワリがとても悪い。

仕方なくバーと板のビードを削り、根元で切り取る事にしたのですが、一部浮いたところを無理矢理肉盛りしていた箇所があって、 完全分離までにカットディスクを3枚消費し、この日1番のハードな作業となりました(笑)

鉄板にのる面の角度とに気を付けつつ、最終はヤスリでカット部を仕上げます。

位置決めの参考に、1cm方眼を書き込んだ鉄板の上にのせ「すわり」を確認。
img_20100917T214251578

角度も含め、だいたい良い位置が出そうです。というか、この方眼はやって大正解!
左右同じ位置にメインアーチを溶接するのにとてもわかり易いです。


メインアーチとHTサイドフック部の固定
この夢のようなスペースが、かえって悩みを生む事に(笑)
img_20100917T214251921

各種スチールアングルとフラットバー、素材にしたロールバー、角パイプと40φのホルソーを使い、 シンプルで組みやすくてそこそこ強度のあるモノが出来ないか、主に通勤時間をつかい(笑)ウンウンうなって考えました。

で、その結果がコレ。
img_20100917T214252265

1辺25mm、厚み約1.5mmの角パイプの片側を、ホルソーにてR 状にカット。

サイドフック側はもう少し下で鉄板に溶接し、長いM8ボルトで固定という感じにしようかと。
微妙な角度は現物あわせで寸法を出します。

コレでメインアーチは何とかなりそうですな。


メインアーチ -フロア下の当て板
前回サラッと紹介したフロア下の当て板ですが、大抵のロールケージは平板で、フロアリブの1部をヘコますか潰してしまいます。

純正はどうなっているのか知りたくなり、ジムカーナにいらっしゃった1028オーナーにフロアをのぞかせてもらうと、 当て板は写真の様になっていて、見事リブをかわす設計になっています。
img_20100924T224950546

ボルトもM10ではなく、M8が1プレートにつき3本採用されており「コレで良いんだ」と勇気をもらった気が(笑)
コイツをどうにかして作れないかと考えていた事も、ロールケージをなかなか付けられなかった要因の一つでした。

そんな時、一緒にジムカーナに参加されているmitsuさんから 「ウチならすぐ出来ると思いますよ~」と声をかけていただいた。

mitsuさんは金属加工会社のシャチョーさんで、私の欲しい形の部品なら自社の部材と機械で何とかなると、 わざわざ教えてくれたのでした。

お仕事のじゃまになるのではないかと最初は少し遠慮していたのですが、週末なら仕事も空くのでという事で、 先日工場におじゃましてきました。

何より、東大阪の工場、工作機械、金属加工といったワードにとてもそそられ、辛抱たまらなくなってといった方が正直なところ(笑)

工場に行ってマスター型を見せると、いきなりノギスで実測が始まり、さらさらと各寸法をメモされるmitsuさん。

メモを持って応接室から出て行き、しばらくして帰ってきたmitsuさんが、
「今作ってますので~。」
とおっしゃったのを聞いて、え?そんなにお手軽なものなの?とびっくり。

しばらくして立ち上がったmitsuさんと一緒に工場に向かい、製作途中のブツを見に行きます。

工場内に大小多数並ぶ工作機械は、ほとんど折り曲げ専用の機械で、金属板をいろんな角度に曲げれるモノだそうです。
img_20100924T224951281

コレが曲げる前の部材。t=3.2mmのボンデ鋼板です。
マジックで書かれているのは、切り出す寸法と製作個数でしょうか。
img_20100924T224951671

平板を手に取った職人さんは流れるように鋼板を曲げていき、あっという間にイメージ通りの当て板が目の前に並んでいきます。 
img_20100924T224952046 img_20100924T224952390

 

とても感動しました。


工場見学もさせていただいた上、私の欲しかった部品を目の前で作っていただいたのですから。
img_20100924T224952734

 

結局、私の分も含め10台分の当て板を作っていただけました。
mitsuさん、作っていただいた職人の方、本当にありがとうございました。
面取りや塗装をしっかりして、カッチョイイ当て板に仕上げたいと思います。

 

装着
帰宅して早速当て板に穴をあけ、実車に取り付けると...
img_20100924T224953093

ムホー!カッチョイイ!!まるで純正品のような出来。
手を切らないよう角を丸く加工し、塗装して取り付けします。


後方バー -トランク下の当て板
後ろ側の当て板は、幅60mm、厚さ3.2mmのボンデ鋼板を、使用しないボルト穴をふさぐ大きさに切り出して、 サイトウサイズに穴をあけます。
右はバッテリー線をかわすように切り欠きを設けました。
img_20100924T224953437 img_20100924T224953781

 

で、いよいよロールケージ装着で今回1番悩んだ部分の仕上げを。
それは、メインアーチとハードトップサイドフックのジョイント。

以前紹介したとおり、メインアーチ→角パイプ→厚み4.5mm鉄板を溶接にて結合し、 鉄板をどーだバーのM8ボルトで共締めという感じにしようと思います。

フラットバーを切り出してサイドフックボルトの間隔(実測26mm)で穴あけ。あんまり動いて欲しくないので、8mmのキリを使用。
鉄板をボルトで仮止めし、角パイプを何度もあてがって収まりのいい寸法、角度を求めました。
img_20100925T010651390 img_20100925T010653546

黒い部分はケガキを鮮明にする為のマジックです。 
img_20100925T010654812

 

この時メインアーチは、ラチェット式で締まっていくナイロンバンドとタイラップを駆使して、出来るだけ動かない様に固定しています。
納得できる位置に角パイプが収まれば、少し見栄えを良くする為に鉄板を一旦外してちょっと加工しました。 とは言っても角を丸く削っただけですが(笑)
img_20100925T010655703 img_20100925T010656500img_20100925T010656953


全ての部品が揃たところで、いつもお世話になっているウエダさんのところに行って、 最終仕上げである溶接をお願いしてきました。
車上で仮溶接してから「そっと」メインアーチを外し本溶接です。
全箇所TIGでやっていただけました。
img_20100925T010657375 img_20100925T010657781 img_20100925T010658171

本溶接が終わり再度ロードスターに装着すると、歪みはほとんど無く、絶妙なテンションで各部位のボルトが締まっていきます。 
塗装するのが勿体無いです...。

帰宅すると暗くなるまでまだ数時間ありそうだったので、勢いに任せてメインアーチの古い塗装をサンダーで剥がし、 プラサフ吹きまでやってしまいました。
以外に面積が広く、剥がしている最中に後悔する事しきり(笑)
img_20100925T010658953 img_20100925T010659375 img_20100925T010659781

 

結構早く乾いたので、嫁の許可をもらって室内乾燥中(笑)
img_20100925T010700187 img_20100925T010700546 img_20100925T010700937


一晩置いて乾かした後、ナイロンパットで軽く表面研磨して自家塗装開始です。
色はホルツのつや消し黒で、スプレー缶3本分の塗料を使用。
img_20100925T010701359 

 

装着して完成!
img_20100925T010701703 img_20100928T231233031 img_20100928T231234625 img_20100925T010702062

 

その辺りをフラッと走ってきましたが、ボディーはミシリとも言わず、いい感じで補強が効いてそう。
ハンドリングにどう影響したかは、ジムカーナで確かめる事にします。

思ったより仕上がるまでに時間がかかりましたが、mitsuさんをはじめいろんな方のお力添えで、私の「こうしたいなぁ~」 を実現する事が出来たと感謝しております。

では、長々とお付き合いいただき、ありがとうございました~。

img_20100928T231235312

 

YZダンパーインストール

元々吊るしのショックでは満足できず、色々と自分なりに寸法を考えて購入したヒルクライムダンパー。

出来れば同じものが欲しかったのですが、フルモデルチェンジしていて同じものは手に入らなくなっていました。

ならば同寸でと探してみると、YZのものが1番近く、またモデルによってはロッドやケース長も変えられるので、 今回はここの足回りに交換する事にしました。

先行してリアを紹介。モデルはYZR9H。
img_20100206T130840015

ケース長は210mmと非常に短く、またヒルクラダンパーとストローク等寸法がほぼ同じ。
ピロ受けも含め導入はそのまま各パーツをトレードするだけでした。

YZR9Hのロアブッシュはデフォルトで厚みが36mm、材質はゴム製です。
img_20100206T130840359 img_20100206T130840687

ロドスタに合わす為に45mm厚のウレタンブッシュとスチールカラーを追加注文する必要があり、出費がかさむ(笑)
img_20100206T130841046

img_20100206T130841375

 

写真はアームロック時のロッドの状態。フルストロークまで15mmほど余裕があります。
バンプストッパーは30mmで組みました。
img_20100206T130841734

 

次にフロントですが、モデルはYZFAFに丸首ブラケットをつけたもの。
img_20100206T130842140

 

NB→TEIN改造ピロとアッパーを変えてきましたが、今回事前にピロ受けアッパーを準備することができたので、 それを見越し現状と車高が変わらないようなケース長をオーダー。
img_20100206T130842468

 

まずは図の部品構成で組んでみます。
img_20100206T130842843

 

写真は178mmバネをプリゼロで組み、アームロック(スプリングシートがアッパーアームに当たる位置)させたときのロッド位置。 
フルストロークまで25mmの余裕。
img_20100206T130843156

 

次にタイヤが天突きした時のロッド位置は、フルストロークまで28mm。
タイヤ天突き-アームロック=3mmの有余しか無いんですね...。もうほとんど誤差だと思うので、 天突きと同時にアームロックすると思って良さそうです。

この辺りは厚めのバンプストッパーで対処するしかないでしょう。

ショックに付属していたのはいわゆる「ストッパー」で、NBバンプラバーよりも硬度が高いもの。
img_20100206T130843484 img_20100206T130844203

カラーの逃げを施してみました。
img_20100206T130844796

 

どのくらい硬いのか、というか縮み代を知るべくロッドに装着してバンプタッチさせてみました。
車体が浮く程の硬さはなく、 アームロック位置でこんな感じに。
img_20100206T130845484

 

実際組んでみると街乗りで支障をきたす程低い車高になり、ちょっとコレじゃあねという事で、アッパースプリング シートと、ピロアッパー間のカラーを5mm→17mmに変更。
img_20100206T130846125

 

カラーで車高を変更した場合、5mmカラーの時測ったタイヤの天突きや、アームロックの位置関係が変化するのでは? と疑問に思う。

ロアブッシュからスプリングシート位置が変わってないので、先ほどの位置関係は変わらないと予想しつつ、 ピンと来なかったので簡単な図面を描いてみました。


・左がカラー17mm、右が5mm。(黒く塗りつぶした部分)
img_20100206T132810562

・5mmカラーでアームロックする位置での比較。
img_20100211T133343875

 

カラーで上げた分、ロッドストロークが少なくなり、その他の条件は変わらないという事か。
アームロックのロッドストロークに着目するより、ショック全長で考えれば分かりやすいんですね。納得しました。
ちなみにスプリングがここまで縮まるかどうかは考慮されていません。

バンプラバーはアームロック位置でここまでつぶれます。
コレならストッパーとして機能しそうですね。
img_20100206T130847187

ストロークの余裕は10mm位?
img_20100206T130847546

 

あと、自由長178mmのスプリングをプリゼロで組んだ場合、スプリングロックシートがかなり下がった状態なので、カラーで車高を上げつつ、 シートも上げてやるとアームロックに対して少しは有利になると思いますが、 それはロッド端面とアッパースプリングシートの間にカラーを入れると実現できます。
底突きの事を考えると、直径の大きなカラーを使うほうが良いかも知れません。
img_20100206T130847875

 

・各部寸法です。
img_20130526T193159593 img_20130526T193200859


img_20100206T130848546