LX1の表示設定変更

disp_conf_12_thumb

 

先日、依頼を受けて本体組立キット(2Y2 DIY)と、表示器のLX1を本国サイトから購入し納品したのですが、LX1の設定変更に大いに手間取ったので、今後の為に書いておきます。

空燃比をデジタル表示するLX1や、LD02の全面パネルにはボタンが2つ実装されていて、表示はボタンを押すごとに以下のように切り替わります。
0:A/F表示
1:ラムダ表示
2:ユーザーインプット(0~5V)
3:エンジン回転数

「0」と「1」は元々テクエジ本体とつながっているのでそのまま表示され、「2」と「3」はECUハーネス等から分岐し、テクエジ本体に入力する必要があります。

「2」のユーザーインプット(0~5V)のデフォルトは、入力電圧0~5Vに対し0~100%表示させるようになっていて、ここを入力電圧値そのままに表示させたい。
しかし、ユーティリティーソフトで簡単に出来そうに見えるも、どうもうまくいかず...。

スロットルセンサーやナローバンドO2センサーの出力を、そのまま表示器でモニター出来るのは結構便利なので、ここは何とかしたいので、コマンド入力で直接変更する方法で色々やってみました。

では、ソフトの操作も含めて解説していきましょう~。

設定変更に使うのは、本体と同じく「WB Util(beta06it)」。 表示器(ディスプレー)はLX1です。
teicon_thumb

 

ディスプレー専用アダプターをPCにつなぎ、12V電源とディスプレーのコネクタを接続。
disp_conf_22_thumb

 

PCにて 「WB Util」 を起動、 【General】 タブ内のDisplay UnitをLX1に設定します。
conf10

 

ディスプレー電源を入れると、「nd」表示になっているはずです。
disp_conf_14_thumb

Display LX1 タブの「Read」ボタンを押すと、「conf」表示に。
disp_conf_13_thumb
これで設定準備完了です。

 

PCで 【Terminal】 タブを開き、
Command options [History]にチェックマーク。
プルダウンメニューは [As ASCⅡ]。
Cmd:はコマンドを打ち込むところです。

Cmdに g0c と打ち込み、Enter を押すと、ちゃんと接続が確立されてLX1がconfig Modeになっていれば、下記のようにアンサー >0085が返ってきます。
conf122_thumb

 

下記は電圧表示に変更、書き込みが完了し、再度呼び出して書き換わっているのを確認したところ。
conf12_thumb

・コマンド解説
g0c (Enter) ・・・現在の設定を確認。
>0085 ・・・%表示に設定中。
s0c86(Enter)
[s0c86] >0086 ・・・電圧表示に変更されました。
w(Enter)
>2901 ・・・書き換え完了。
コマンド初頭のgは読出し、sは設定を意味します。

0c(offset) 86(value)の意味は下記を参考にして下さい。

conf13_thumb

conf14_thumb

 

・LX1表示フィルタ・表示速度短縮コマンド

s3a02・・・メインディスプレイ表示速度 → 20msec
s3b01・・・バーグラフ表示速度 → 10msec
s0fc0・・・A/Fフィルタリング → 98msec
s12c0・・・A/F1フィルタリング → 98msec
s1080・・・バーグラフフィルタリング → 33msec
s1380・・・バーグラフ1フィルタリング → 33msec

 

Lambda Sensor Input Harness

ラムダセンサーをmotecに直挿しするハーネス、及びピンの構成。 
全てピンを手前にして見たところです。 

ハッチングした8極コネクターは、テックエッジのメスコネクター。 
オスコネクターは(MIC-8P)を別途用意しました。 


Ver.3   

lambda_harness_3

 

molex-6p~MIC-8p 

TechEdge 2J2用MolexコネクターとMIC-8Pコネクター間のアダプターケーブル。

lambda_harness_molex3_1
lambda_harness_molex3_2

 

ドアロック交換

最近、助手席側ドアの開け閉めで、聞き慣れない「ガチャン!」という音が出てきた。 

ドアのキャッチを見ると爪の周りにある黒い樹脂が割れ、金属がむき出しになっています。 
このままだと車体側の受け(ストライカー)が削れそうですし、シートベルトに続き、レストアの一環として新品と交換しました。
dorLk_3_thumb

 

・58-310Z    ドアー ロック(L)    NA01-59-310B 
(・58-310    ドアー ロック(R)    NA01-58-310B) 
・62-681B    フロント ドア ウェッジ    NA01-62-681
dorLk_2_thumb

 

新品には車内外のドアノブとロックにつながるロッドが付いてきました。 
車外ドアノブのみ、現状付いているものを使います。 
dorLk_1_thumb

 

内装を外し、まずここから。 
dorLk_4_thumb

 

ドアノブのロッドを外す。 
dorLk_5_thumb

 

次にドアロックロッドを外す。 
ネジが切ってあるように見えまずが、グルグル回しても外れません(笑) 
下記の様に割ってはめ込みから外します。溝位置でロッドのテンションを調整するみたいです。 
dorLk_6_thumb

 

爪を浮かしてパカッ。 
dorLk_7_thumb

あまり見たことないパーツなので、少し観察。 
dorLk_8_thumb

dorLk_9_thumb 

 

ドアロックロッドの反対側です。 
この時点でロッドと四方に爪が出る黒いパーツ(リンク)も外すと少し作業スペースができますよ。 
DSCN0147_thumb

 

車外キーシリンダーのロッドを外す。 
dorLk_10_thumb

 

白い樹脂の部品が車外のドアノブロッドをはめ込むパーツです。 
dorLk_11_thumb

 

この時点でドアロックのネジ3本を外し、本体をドア内で動かせるようにすれば、固定したままより作業性が良くなります。 
dorLk_13_thumb

 

で、最後に○で囲んだ車内ドアノブロッドの固定を外します。 
dorLk_14_thumb

 

こんな爪形状だからでしょうか、外すのもはめるのもワタシにとっては非常にやりずらい作業でした...。 
dorLk_15_thumb

 

ガラスのスライドレールをかわしてドアの外に摘出です。 
dorLk_16_thumb 

 

逆の手順で取り付けて完了です。 
いやーキモチイイっすね。 
dorLk_17_thumb

 

ついでに交換したフロントドアウェッジ。 
左が新品、右が19年物の方(笑) 
ドアを開けた時の感じが若干変わります。 
dorLk_18_thumb

 

ドアの開け閉めをした時、「新車の時こんな感じの音だったのかな...」と都度楽しめますよ。

 

CRIP設定値の考え方

NAクラセンに2枚あるSYNC歯の内、波形の短い方(下記赤ハッチング)をカットすると、motecはTDCを認識しやすくなるそうです。 
clip21

 

それに伴い、Crank Index Position の値はそのまま?いや、変更した方がもっと良い?など、設定値の意味をもう少し理解するためmotecのリファレンスを読み直してみたところ、ポイントがわかってきたのでまとめてみました。 

 

話はSYNCを1歯にしたところから始めます。 
まずはSYNC Sensor Edge Polarity で認識する波形をどちらかにするかパラメーターを指定します。 
下記図では SYNC Sensor Edge Polarity = Fall。
CRIP_1

 

motecは指定通りにSYNC波形を認識し、直近(直後)のRef波形にインデックス(目印、フラグ)をつけ...
CRIP_2

 

そこからCRIP値先が1番気筒のTDCになります。
CRIP_3

 

同じ考え方でSYNC Sensor Edge Polarity = Rise にすると、直後の Ref(Rise) はBTDC 70くらい。 
そこでCRIPを70に設定すれば、元々の値(615)より小さい値で#1のTDC設定ができます。
CRIP_4

 

CRIP値が小さいとクランキングをした際、motecがTDCを認識する時間が早くなり、初爆も早くなりそう。

この辺りの考え方がわかると、たとえばNAでNB1のクランク、カムセンサーを使ってエンジンを動かしたり、Ref歯を増やし、より細かいセンシングがなされる様を想像して楽しめますね。(笑)


バネレートとダンパーストロークの関係( NA8C )

ロードスターNA8Cの車検証に記載されている軸重から、バネ下荷重(予想)を差し引いた値を元に、バネレート、自由長別に1G時のダンパー沈み代(リバンプストローク)を表してます。
各項目の説明、考え方は表下に記載。 
490_440_thumb_3

 

・表の項目について 

「バネ自由長」は一般的に販売される直巻きバネの高さ寸法で、203ミリは8インチ、178ミリは7インチです。 

「軸重」はバネ下1箇所につき20kgと仮定し、車検証の数値から差し引いたもの。 

「縮み量」は車重をかけたときのバネの縮み量です。 
バネに車重をかけたとき、バネの「縮み量」分ロッドがダンパーケース内に入りますが、このロッド寸法も同時に表します。(言い換えればリバンプストローク) 

「バネ1G長さ」は1G時のバネ長さ(高さ)です。プリロードがいくらかかっていても、車重がかかれば結局この寸法になります。 

「ショックロッド縮みストローク」は先ほどの「バネ縮み量」、言い換えればリバンプストロークを60パーセントとした場合、残りの40パーセント値です。 
これは1G時のロッド位置が、伸び側6割、縮み側4割が良いという考えから出した値です。 

「ショックロッド全ストローク」は単純に伸びと縮みのストロークを足した値です。 
バンプラバーをつける場合は、その高さ(厚み)もある程度考慮し、バンプストロークに反映した方が良いかもしれません。 

 

・車高調整の参考に 
スプリングシートやカラーでサス全長を変更した場合の車高変化量と、車高をmm単位で変更する場合、どれだけサス側で調整すればいいか一目でわかるようにした表です。 
TG_b_fin5_thumb