CRIP設定値の考え方

NAクラセンに2枚あるSYNC歯の内、波形の短い方(下記赤ハッチング)をカットすると、motecはTDCを認識しやすくなるそうです。 
clip21

 

それに伴い、Crank Index Position の値はそのまま?いや、変更した方がもっと良い?など、設定値の意味をもう少し理解するためmotecのリファレンスを読み直してみたところ、ポイントがわかってきたのでまとめてみました。 

 

話はSYNCを1歯にしたところから始めます。 
まずはSYNC Sensor Edge Polarity で認識する波形をどちらかにするかパラメーターを指定します。 
下記図では SYNC Sensor Edge Polarity = Fall。
CRIP_1

 

motecは指定通りにSYNC波形を認識し、直近(直後)のRef波形にインデックス(目印、フラグ)をつけ...
CRIP_2

 

そこからCRIP値先が1番気筒のTDCになります。
CRIP_3

 

同じ考え方でSYNC Sensor Edge Polarity = Rise にすると、直後の Ref(Rise) はBTDC 70くらい。 
そこでCRIPを70に設定すれば、元々の値(615)より小さい値で#1のTDC設定ができます。
CRIP_4

 

CRIP値が小さいとクランキングをした際、motecがTDCを認識する時間が早くなり、初爆も早くなりそう。

この辺りの考え方がわかると、たとえばNAでNB1のクランク、カムセンサーを使ってエンジンを動かしたり、Ref歯を増やし、より細かいセンシングがなされる様を想像して楽しめますね。(笑)