【Accel Enrichment】 加速増量補正

【 Fuel Accel Sensitivity 】
テーブル数値は、 Accel Source の変化率に対し、増量補正する度合いを設定します。
(X軸:回転数 Y軸:Efficiency Point) 

数値を大きくすると、アクセルの踏み込み量が少なくても大きな補正値が適用され、加速増量のための燃料が多くなります。 
(変化が小さくても感知する→敏感) 

数値を小さくすると アクセルの踏み込み量に対しての補正値が小さくなり、加速増量が入りにくくなります。
(変化が大きくないと感知しない→鈍感) 


以下、ECU manager のヘルプより。
デフォルトテーブル値 ↓
        RPM 0 1000 2000 3000 4000 5000
Eff% 100 | 0   0    0    0    0    0
           80 | 0   0    0    0    0    0
           60 | 0   0    0    0    0    0
           40 | 5   4    3    2    1    0
           20 |10   8   6    4    2    0
             0 |15  12  9    6    3    0

 

【 Fuel Accel Clamp 】
テーブル数値は、加速増量される燃料量で、IJPU%です。

IJPUが「15」msecの場合、ここの値が「50」なら、15×50%で7.5msecとなります。
加速増量の補正値(量)は  Fuel Accel Sensitivity で設定されていますが、エンジンの回転数に応じて補正量の上限を決める値が Fuel Accel Clamp になるので、制限=Clampという表現になっているようです。


以下はECU manager のヘルプより。

Accel Clamp 調整のヒント 】
注意:加速燃料補給を調整する前に、燃料メインテーブルを完全に調整する必要があります。

この表の値を設定するには、最初に「Accel Sensitivity」を「50」の標準値に設定し、「Accel Decay」を標準値の「5」に設定します。

目的のRPMサイトを選択し、サイトに合わせてエンジンRPMを調整します。

スロットルを操作しエンジンレスポンスをチェックします。 

Accel Clampを調整し、テストを繰り返してください。また、異なる "Accel Decay"値も試してみてください。

スロットルを軽く動かしてエンジンの反応を確認し、「Accel Sensitivity」も調整します。

加速燃料補給は、通常は4000RPM以上は必要ありません。

デフォルトテーブル値 ↓
RPM  0 1000 2000 3000 4000 5000
     40  30    20    10     0     0

 

【Idle Control】 ISCVの設定と調整

ISCVの設定は、事前にこの係数を入れておけばOKというものではなく、アイドリング状態でのA/Fや点火時期がセッティングできていないと進めることが出来ません。

それができている前提でセットアップしてください。


初期設定(エンジン始動前)

【Auxiliary Output Functions / Auxiliary Out* – Idle Control / Parameters】

・Frequency
駆動周波数
* 250~400くらい
iscv_freq_thumb

・Polarity
duty 0% 時の極性 
* 0:Output Hi for 0% duty
 1:Output Lo for 0% duty

・Output Mode
motecがコントロールする極性
* 0:Low Side (swich to Ground)
  1:Hi Side (swich to Battery+)


【Idle Control】 /
【Setup】

・Proportional Gain
比例制御の設定値。
(Duty Cycle Control : % per 10RPM error)
*0.2

・Integral Gain
積分制御設定値。
ざっくりいうと、目標(基準)位置を維持する為の制御。
(Duty Cycle Control : 1%/sec per 10RPM error)
*0.1

・Derivative Gain
微分制御設定値。
応答が遅い制御では、PIにたいしてそれほど影響しないものなんだとか。
数値は入れておきます。
(Duty Cycle Control : 1% per 10RPM sec error)
*0.01

・dead-band
目標回転数を基準とした不感帯。
この範囲内は目標値から外れていないと認識します。
*10

・Active TP
PID制御「ON」となるスロットル開度。
*0.5

・Active Ground Speed
PID制御「ON」となる車速。
*10

・Active RPM
PID制御「ON」となる回転数。
設定値以下でアクティブとなります。
*1400

・RPM Filter
回転数のフィルター。脈動等考慮して設定します。
*5

・Air Con lncrease
エアコン負荷「ON」で増加させるDuty(%)。
*0

・Power Steering lincrease
パワステ負荷「ON」で増加させるDuty(%)。
*0

img_20140104T141917531


【Aim RPM】
目標回転数。
水温とユーザーチャンネル1の2Dマップで設定できます。
*860r.p.m. at 80℃

【Min Output】
アクチュエーター最小Duty。
*25

【Max Output】
アクチュエーター最大Duty。
*100
iscv_min_max_out2_thumb


【Min Integration Limit】
積分制御制限(最小・マイナス側)値。
Normal Position を基準とし、マイナス側の積分制御制限をどの程度にするかDutyで指定。
Normal Position と AimRPM のマッチングが取れていれば、それほど大きい数値にならないと思います。
*-10

【Max Integration Limit】
積分制御制限(最大・プラス側)値。
Normal Position を基準とし、プラス側の積分制御制限をどの程度にするかDutyで指定。
Normal Position と AimRPM のマッチングが取れていれば、それほど大きい数値にならないと思います。
*10

【Initial Position】
PID非制御時のアクチュエーターDuty。
横軸任意の水温で設定できます。
*34

【Normal Position】
PID制御時の基準位置。(アクチュエーターDuty)
水温とユーザーチャンネル1の2Dマップで設定できます。
目標回転数におけるアクチュエーターポジション値を設定。
*32


NA8C・ISCV設定手順

1.上記初期設定値(*)を入力の上、アイドリング状態で水温を80℃程にする。(水温等の増量補正が無い状態にする)


2.Proportional Gain=「0」、Integral Gain=「0」、Derivative Gain=「0」
こうする事でアクチュエーターポジションのPID制御がロックされますから、回転数にも変化があるかと。
Normal Position=Idle Actuator Pos である事と、Normal Positionの数値を上げると回転数が同期して上がる事を確認しておいてください。


3.Idle Normal Position値を調整し、Idle Aim RPM =「860r.p.m」で安定する値を探ります。
GEN号は、Idle Normal Position=「32.5」にすれば、「860r.p.m.」±10でアイドリングしていました。

水温でこの値は変わる可能性があるので、その辺りを見越した値(どちらかというと大きい方向だと思われます)に設定。


4.Idle Initial Position値は、設定したIdle Normal Position より大い値を入れておきます。


5.Idle Min Output値は、冷間補正時にAimRPMになる事を制限しない値にする必要があります。


6.アクセルON→OFFを繰り返し、Idle Actuator Pos の動きをチェック。


ワタシの場合、以下のようなやり方でセッティングしました。

「0」を頂点に±40くらいの目盛りをふったIdle Aim Error(目標回転数からのズレで、AimRPM=860r.p.m.で、860r.p.m.なら「0」を指します) のダイヤルゲージを表示。

アクセルをあおり、針が振れてから「0」点に収まる様子をよく見て適正値を探ります。
P・I値共、小さい値から大きくする方がわかりやすいです。
iscv_pid2
 

ログをチェックして、 こんな感じになっていたらOK。
1125_3

 


<参考>
以下はISCVをTest Outputで駆動した様子です。 

・駆動条件 
周波数 : 250Hz 
Duty : 20~80 

DutyはISC内のプランジャーが動き出すところを探り、「23」からスタート。 
徐々にDutyを上げていくと、「66」あたりで大きな共振音が発生し、プランジャーの動きが途端に悪くなります。 
そのまま数値を大きくすると次第に共振音が収まり、「80」でビシッと動きが止まります。 
Duty下げ方向も共振音発生は「66」で、60から23までは作動音も安定してプランジャーもスムーズに動きます。 

 

次はNBのISCV。 

・駆動条件 
周波数 : 270Hz 
Duty : 20~80 

 

アップ版 

ISCV設定決定版(仮)

引き続きISCVのチューニングネタですが、やっと納得いく感じになりました。

結局、ISCVの各パラメーターの意味を勘違いして、適切な設定が出来ていなかったというオチなので、今までのハナシは忘れて下さい(汗)

その代わりと言ってはナンですが、ISCVの設定についてちゃんと書きたいと思います。


ISCVのパラメーターを今更ながら整理すると、

Idle Aim RPM :回転数目標値(860r.p.m.)
Idle Normal Position:PID制御時の基準位置(アクチュエーター開度)
Idle Initial Position:PID非制御時のアクチュエーター開度
Idle Min Output:アクチュエーター最小開度
Idle Max Output:アクチュエーター最大開度

となりますが、ワタシの勘違いは、Idle Aim RPM と Idle Normal Position が何らか紐づけされていると思ってしまったところ。


前回上手くいかないと思い込んでいた、「PID制御が入るとノーマルポジション値 +α のアクチュエーターポジション値になる。」事象は、単に設定した Idle Normal Position から PID制御で アイドリングの回転数を目標回転数にすべく、Idle Actuator Pos が開いていただけの話でした(笑)
log_281008_iscv_idle_b

 

ISCVの各設定値を求める時、着目すべきは Aim RPM における Idle Actuator Pos で
Idle Min Output や Idle Normal Position の設定をもって
Aim RPM に合わせに行く事ではないという事

 Aim RPM での Idle Actuator Pos はクルマによって変わってくるところで、NAとNBでも違いがあると思います。


という訳で、NA8C・ISCV設定の決定版です。


【Idle Control】 ISCVの設定と調整
 

ちゃけくん、ステキなヒントありがとう。

 

【追記】
上記記事の設定では、走行条件を網羅するような動きにはなりませんでした。

具体的にはアイドリング時の Idle Actuator Pos が安定しませんので、そこも踏まえて各設定値を調整する必要があります。
詳細については 【Idle Control】 ISCVの設定と調整 に追記予定です。 

 

Idle Min Output

さて、前回の続きです。

Idle Min Output値を、Idle Normal Position と同じ値にすれば、「Aim rpm から少し落ちて戻ってくる」が解決しそうという話。


以下は現在の設定値です。
目標回転数 860r.p.m.。
これはワタシが任意で決めた数値。
log_281004_iscv5


ISCVのノーマルポジション。
ここを基準にPID制御し、目標回転数に近づけます。
目標回転数に合わすため、実際にアイドリング状態で探った数値。
860r.p.mプラスマイナス10r.p.m.でアイドリングします。
log_281004_iscv4


ISCVアクチュエーターの最小値。
バイパスバルブがこれ以上閉まらない位置、と解釈して良いと思います。
上記ノーマルポジションと同じ値を入力すれば、回転落ちが解消すると思って入れた数値。
log_281004_iscv3

 

で、本日取ったログ。
ブンブンとアクセルを軽く踏んで、Idle Actuator Pos の動きをみると、確かに設定値通り「28.8」になっていますが、以前よりマシになったものの、回転数が一旦下がる事象は変わりません。
log_281004_iscv13


PID制御から外れた時のアクチュエーターは、各パラメーター値にちゃんとなってますが、制御が入るとノーマルポジション値からは外れています。

仮にIdle Normal Position値を実際のポジション値に合わせに行くと、回転数が上昇し目標回転数に対しての差(Idle Aim Error)値が増えてくるので、適切な調整ではなさそう。

目標回転数に必要な空気量を確保するのに必要な分アクチュエーターが開くと、現状「33.0」というポジションになるという事なら、スロットルのバイパスバルブを調整する事で、互いの数値を近づけ、アクチュエーターポジション=ノーマルポジションに出来るかも知れません。
理屈としていまひとつ理解できていませんので、勘ですが(笑)
log_281004_iscv_idle43


アクセル開度「0」、アイドリング時のログ。
Idle Actuator Pos の平均値は「33.2」なので、Idle Normal Position の設定値「28.8」より約4.5差があります。
log_281004_iscv2


Idle Normal Position と Idle Actuator Pos の差は、負圧が常にあるスロットル内での現象と解釈出来なくもない。

Idle Normal Position値は変更せず、Idle Initial Position と Idle Min Output の数値をPID制御時のアクチュエーターポジション値に合わせるのもアリだとは思います。

でも、パラメーター値=実測値になっていたら、パラメーターをセットしやすい気もするし。

いずれにせよ、アイドリングのセッティングはもう少しつめる余地あり、というハナシでした。

 

セカンドマップとISCV

前回、ミスったところのフォローから。

【 Fuel 2nd Load Table Mode 】を「1」=Percentに変更して、メインとセカンドマップの数値を細かく合わせ込んだら、A/Fがようやくビシッと揃いました。 

1ホールインジェクター、ラムダ補正無しでココまでできればワタシも満足(笑)
log_281002_1

 

で、次なるお題はISCVの動きをもっと純正に近づける、です。

現状、ブンッっと針が上がってからカクカク2段階で落ちてきたり、 Aim rpm(アイドル回転数設定値)より低い回転数になってから、ゆっくり戻ってきたりします。

些細な事で、「気にするところ?」と思う方もいるかも知れませんが、気になるんですよ(笑)


イメージをつかむためにログを見る。
log_281002_2

 

スロットル全閉時、ISCVのアクチュエーターは目標回転数を維持するため、32~33辺りのポジションで動いています。

アクセルを軽く踏むと、Idle Actuator Pos が「23.0」に一旦張り付いてからポジションを上げてきます。
何故こうなるのかとふと思う。


「23」ってどこかで見た数値だな...ああ!コレだと(いまさら)気がつきました(笑)
iscv_min_23

 

idle normal  position 値との兼ね合いをうまく合わせれば、先ほどの「Aim rpm から少し落ちて戻ってくる」が解決しそうですね。

すぐ試したいけど、週末だなぁ。

それまでにログを良く見て、ノーマル然とした動きになるヒントを見つけておこう。


【MEMO】
Idle Actuator Pos 23 → 33 約22秒。
回転数 860 → 760 r.p.m. 時間は Idle Actuator Pos と同じ。
log_281002_3