鈑金の進捗

部品を持っていくついでに進捗を見てきました。

クルマを預けて4日後の状態。
赤いのが1番細かいパテだそうです。

 

クリア層は全体がダメになっていたみたい...。

 

フロントフェンダーがかぶっているところ。
錆が出ていましたが、ケレンしたらきれいになったようで一安心。

 

で、本日。
サフェーサーが塗られていました。

 

ガラスも外されています。
錆は大丈夫でした。

 

塗る色に近い感じの黒いサーフェーサーです。
コレはこれでカッコイイ(笑)

 

今のところ、順調なようです。

 

ロドスタの全塗装準備-2

前回の1週間後、外装周りの分解をしました。

リアガーニッシュなど外し、軽く清掃。

 

ドアヒンジも外してみる。
オリジナルは位置決めのノックピン?があるんですね。

新しい部品を片側上下注文すると、右上は左の下側、左上は右の下側が届きます。(知らずに慌てたのはナイショ)
なのでノックピンは無くなります。


下のヒンジを外すと錆が...。

左も下側の合わせ面にサビ...。予定外ですがココも塗ってもらいます。
というか、確認して良かった。


フェンダーを外し...


新品を合わせてみる。


で、無事鈑金屋さんに入庫となりました。


鈑金屋さんが作業しやすいよう、出来る限り部品を外して持って行きました。
そういった行為はご遠慮下さいというところもあるので、事前に確認した方が良いと思います。

今回は(次回は無いと思いますがw)全然問題ないと言ってもらったところにお願いしました。

ちょくちょく進捗を見れたらいいなぁ。
 

ロドスタの全塗装準備-1

よくお会いする方はご存知なんですが、ワタシのロドスタはヤレというにははばかれる程、塗装の状態が良くありません。

購入した当時、傷があってサービスで塗ってもらったところとか、長年直射日光に当たっていた部位が下地も含めて傷んで来ています。
 

 

最近、ボンネットのクリアが大きな範囲で剥離してきて目立ってきました。

そこに高圧洗浄機で水をかけると剥離が広がっていくじゃないですか!

で、ショックを受けなんとかしようと。


とは言っても、そう決心してすぐに工場に放り込めるわけはなく、かなり色々と悩みました。


どこに出す?(腕が良いところって出してないからわからない)
いくらかかる?(聞いたところ、15~100万位とすごい幅がある)
そもそもワタシが満足する仕上がりってどの程度?etc...。


とりあえず、鈑金屋さんに自分がイメージする仕上がりを説明して、自分なりの「相場」を探ってみる事にします。

あと、ワタシ自身でパーツを外して持っていき、塗装が終わったらまた組み付けるという方法を受けてくれるところも条件に入れます。
脱着工賃を浮かすというより、その分塗装に突っ込みたい感じですか。

何よりそんな楽しい事、自分でやりたい(笑)
 

というわけでバラシにかかってます。

ガラスを外し易くするためにダッシュボードを外し、ハンドルポスト固定用の骨を取り付けます。


パワーウィンドウとスピーカー用のハーネスを外すので一旦ドアを外しました。
ついでに蝶番のヘタリもチェック。

ドアの付け外しって一人でやるの大変。←実は初めてw
何処にも当てずに取り付けるのは至難の業ですね。

今日はココまで。

 

【Lambda Control】 ラムダ クローズドループ制御

アイドリングでの燃調はメインマップを基にセカンドマップの他、流入空気温度補正、ISCVアクチュエーター開度補正で「14.7」に合わせ込んでいます。

しかしながら、どうやってもつじつまが合わない状況もあり、なかなか純正っぽく動かせていません。

そこで、ワイドバンドラムダセンサー入力を使い、クローズドループ制御で対応してみる事にしました。

※ちなみにこの制御は、アイドリング時のインジェクターパルス幅が「1.5 msec」以下では正常に機能しないとフォーラムに書かれていましたので、まずはそこから確認するのが良いと思われます。


【Lambda Control】 / 【Setup】

 

・Function
使用するセンサーを指定します。

・Rich Trim Limit
増量補正上限値。

・Lean Trim Limit
減量補正上限値。

・Long Term Filter
ラムダマップ全体に反映させる補正値。今回不使用です。

・Active Engine Temp
クローズドループ開始水温を設定。

・Diag Engine Temp
設定温度以下ではセンサー故障を除外。

・Sensor Selection
センサー数と使用センサーを指定。

・Recovery Delay
クローズドループがオフになり(オフの状況は後述)、復帰条件になってからオンになるまでの時間。

・Warm-up Delay
センサーウォームアップ中、ラムダコントロールをロックする時間。


【Lambda Control】 / 【Rate】


ココの設定値は、センサーの反応速度が大きく関係します。

ワタシの場合は触媒直前にセンサーがついていますので、エキマニからそこそこ離れています。
だからでしょうか、Fuel Overall Trim で増量(20%)した瞬間から安定するA/Fになるまでの時間を測ると、3秒近くかかっている事がわかりました。(アイドリング時)

Lambda Rate の上限値は「2.0sec」 なので微妙なところですが、なんとかこの数値でイケそうです。 


【Lambda Control】 / 【lambda Step】


更新周期における補正率。(%Trim)

デフォルトの80では増減の補正量が大きいからか、ラムダ=1を中心に濃い→薄い→濃い...とハンチングを起こします。

また数値を絞り過ぎると、ラムダマップの数値に補正される時間がかかるようになるので、5~20辺りで調整する必要がありました。

RateとStepをセットでチューニングしないと、上手くいかない印象です。


【参考】ラムダクローズドループOFF条件
・ラムダテーブルの値が「0」。
・ラムダセンサーウォームアップ中。
・インジェクタのパルス幅が1.5msec以下。
・加速増量補正中。
・レブリミッター作動中。
・トラクションコントロール作動中。
・ギアチェンジイグニッションカット作動中。
・オーバーランフューエルカット作動中。

 

ログスイッチ

水温が低いところから85度くらいまでの ET Comp (水温増量補正マップ)を書き、ログを確認した時の事。

水温上昇やET Comp がそれなりのカーブを描くと思いきや、途中でログがすっとび階段状になってしまう事案が発生...。
しかもその分時間も短くなってます。

 

リアルタイムにECU Managerで見ていると、設定どおりに綺麗なカーブを描いていましたから、実際にこうなっていた訳ではありません。

この事象を無くせないかとログの取得数を減らしてみたり、サンプルレートを変えてみたりしても特に変化なし...。

ちなみに、ログのON-OFFについては Data Logging Setup の Start/Stop Parameters で、開始と停止回転数を指定しています。


で、例のごとくセンセイに相談してみたところ、「ログはスイッチでオンオフした方が良いよ」とアドバイスいただきましたので、Digital Input Functions – Dig In 3 に Log Enable を割り当て、汎用スイッチを付けてみました。


結果。


とても良い感じになりました。

なんか途中で条件成立してたのかな?

なんにせよ、ログのオン・オフはスイッチの方が断然使い勝手が良いですね(^^)