PCBのジャンパー

 

基板上に「MX5 1800」と書かれたジャンパーがあります。

ナニコレ?と色々調べてみたところ、本国のフォーラムに同じ質問があり、ジャンパーインすると、ECUピンの「2I」が12Vでプルアップされるようです。

テスターを当てると、写真上側のピンと「2I」に導通あり(0Ω)。
写真下側のピンと「1B」(+14Vメインリレー)間には約1kΩの抵抗がかんでました。

以上の事から、ジャンパーインで12Vプルアップは間違いなさそうです。

 

 

Sr.2に取り付ける場合(NA8・BPS5)
小細工せず「4L」にAUX8(タコメーター割当)を結線すると、動作します。

LINKは0~12Vのパルスを出しているようなので、このジャンパーはデフォルトの「OFF」のまま、「2I」は結線無しになります。

 

Sr.1に取り付ける場合(NA8・BPF3-881)
イグナイターのピンが4本のモデル(2I 結線あり)では、このジャンパーを「ON」でタコメータは動きます。

回転信号はイグナイターが出し、ノーマルECUは「2I」で点火信号をモニターしつつプルアップしてるという事ですね。

 

Sr.1.5に取り付ける場合(NA8・BPF3-881B)
「1F」のハーネスかピンを、タコメーターを割り当てたAUXチャンネルに接続替えする必要があると思います。(実車未確認のため)