ドアロック交換

最近、助手席側ドアの開け閉めで、聞き慣れない「ガチャン!」という音が出てきた。 

ドアのキャッチを見ると爪の周りにある黒い樹脂が割れ、金属がむき出しになっています。 
このままだと車体側の受け(ストライカー)が削れそうですし、シートベルトに続き、レストアの一環として新品と交換しました。
dorLk_3_thumb

 

・58-310Z    ドアー ロック(L)    NA01-59-310B 
(・58-310    ドアー ロック(R)    NA01-58-310B) 
・62-681B    フロント ドア ウェッジ    NA01-62-681
dorLk_2_thumb

 

新品には車内外のドアノブとロックにつながるロッドが付いてきました。 
車外ドアノブのみ、現状付いているものを使います。 
dorLk_1_thumb

 

内装を外し、まずここから。 
dorLk_4_thumb

 

ドアノブのロッドを外す。 
dorLk_5_thumb

 

次にドアロックロッドを外す。 
ネジが切ってあるように見えまずが、グルグル回しても外れません(笑) 
下記の様に割ってはめ込みから外します。溝位置でロッドのテンションを調整するみたいです。 
dorLk_6_thumb

 

爪を浮かしてパカッ。 
dorLk_7_thumb

あまり見たことないパーツなので、少し観察。 
dorLk_8_thumb

dorLk_9_thumb 

 

ドアロックロッドの反対側です。 
この時点でロッドと四方に爪が出る黒いパーツ(リンク)も外すと少し作業スペースができますよ。 
DSCN0147_thumb

 

車外キーシリンダーのロッドを外す。 
dorLk_10_thumb

 

白い樹脂の部品が車外のドアノブロッドをはめ込むパーツです。 
dorLk_11_thumb

 

この時点でドアロックのネジ3本を外し、本体をドア内で動かせるようにすれば、固定したままより作業性が良くなります。 
dorLk_13_thumb

 

で、最後に○で囲んだ車内ドアノブロッドの固定を外します。 
dorLk_14_thumb

 

こんな爪形状だからでしょうか、外すのもはめるのもワタシにとっては非常にやりずらい作業でした...。 
dorLk_15_thumb

 

ガラスのスライドレールをかわしてドアの外に摘出です。 
dorLk_16_thumb 

 

逆の手順で取り付けて完了です。 
いやーキモチイイっすね。 
dorLk_17_thumb

 

ついでに交換したフロントドアウェッジ。 
左が新品、右が19年物の方(笑) 
ドアを開けた時の感じが若干変わります。 
dorLk_18_thumb

 

ドアの開け閉めをした時、「新車の時こんな感じの音だったのかな...」と都度楽しめますよ。

 

BPエンジン オイルレベルゲージの比較

たまたま目にした記事で初めて知りました。
同じBPエンジンでも
NAとNBでオイルレベルゲージの長さが違う
という事を. ..。

それぞれエンジン単品で用意して、例えばNB腰下にNAヘッドといった組み方をする場合や、 ばらばらに寄せ集めて1つのエンジンを組む時など、ゲージやパイプを適当に組み合わせると、オイル過多や不足を招く可能性があります。
自分の場合はどうなんだろう?と気になったので調べてみました。

 

まずはオイルパン差込部です。
双方ともブロックまで同寸と言っていいと思います。
img_20130625T191141625
img_20130625T191142343


オイルパン裏側。
ゲージを奥まで差し込むと、[H」と「L」のラインは写真位置になります。img_20130625T191142781


上がNB、下がNAのゲージです。やはりNAの方が長い。  
img_20130625T191143171 


オイルパン差込部よりパイプ端面まで測ると...
img_20130625T191143578


NAは全長約418mm。
img_20130625T191143968


対してNBの全長は約404mm。
img_20130625T191144375


次にエンドプレート取付ブラケットより上側の寸法。  
img_20130625T191144781


NAは約177mm。
img_20130625T191145234


NBは165mm。
img_20130625T191145687


今度はオイルパンの方向。
NA約225mm。
img_20130625T191146109

 

NB約225mmで同寸。
img_20130625T191146531

 

まとめ
パイプ全長はNAの方が長く、オイルパンからエンドプレート取付ブラケットまでは差異はありませんが、 ブラケットより上側が15mm程NAの方が長い事がわかりました。

ゲージもNAの方が15mm程度長いという結果に。


正しい組み合わせを判断するには、ゲージをパイプに差込み、パイプ下部端面から「H」ラインが見えたらOK。
これは、NA・NB共同じです。
ココがOKなら、ゲージはどちらを使っても正しい油面となります。
img_20130625T191146984


組み合わせが悪ければ、写真のように「L」ラインしか見えなかったり、「H」ラインよりもっと上側が出てくると思われます。
img_20130625T191147453

 

私の場合は、2ndエンジンを組む際、どちらもNB用を新たに購入していたようなので、問題は無かったようです。

 

パワステホース交換

パワステ高圧ホースのカシメからのフルード漏れが結構な感じになって来たので、周辺のホースも含め交換しました。

プレッシャーホース N002-32-490C
img_20130406T204759453

 

タンク~ポンプ間のホース NA02-32-684B
img_20130406T204801140

 

と、ココまでは良かったんですが、パワステラックからタンクへのリターンホース 「NB11-32-682」が欠品&生産終了らしい。
NA8Cのシリーズ2だけこのホースが採用されている模様。

シリーズ1.5まではリターン配管がもうワンスパンあって、フルードをクーリングする構造のようなので、 ここもコストダウンされたんでしょうか?
NBとか使えるだろうとタカをくくっていたら、どうしようも無い状況という事がわかって少し焦る(笑)

幸い、ほぼ真っ直ぐな形状なので、今回汎用品で対処しました。
ホースガレージ.comにて、内径9.5mm(外形17.4mm) の耐油ホースと、内径16mmのエアロフレックス断熱チューブを購入。
組み合わせてそれっぽいホースを用意。

欠品ホース NB11-32-682 とNewホース。 
img_20130406T204801656

 

あと、パワステラックを支えるブラケットのブッシュも用意しました。多分1回も交換していないと思うので。img_20130406T204802156

 

準備が整ったのでエアクリーナーを外してゴソゴソ。
タンクのフルードは注射器で上抜きしましたが、ポンプに行っているホースを外せば下抜きできます。
ちゃんと受けないとえらい事にになりますが...。
img_20130406T204802671


プレッシャーホースのポンプ側ナットはO2センサーと同じサイズなんですね~(サイズ:22)
ちなみにラック側のサイズは17でした。このサイズのフレアナットレンチを今度買おう。
img_20130406T204803218

 

ポンプとタンクも外してきれいに。
img_20130406T204803625 img_20130406T204804109 img_20130407T180819515

 

エア抜きはホース類を全部組み上げた後、スタンダードな方法でやりました。

フルードをある程度入れ、車体を浮かした状態でロックトゥロック数回。
次に車体を下ろしてロックトゥロック数回。

タンク油量を調整して終了です。


今回、ホースとタンクから抜いたオイル量は、だいたい350cc程。
整備書によれば、パワステフルードは全量で0.8リットルらしいので、まだ半分は古いフルードが残ってます。

しばらく走ったら少し抜いて、残った新油と入れ替えようと思います。

 

フューエルフィルター交換

フィルターにかかっているフューエルプレッシャーを事前に抜きます。
フューエルポンプのカプラーを外し、ガソリン給油口のキャップをゆるめてセルを「キョキョキョー」と回しておきました。

今回はリアのみジャッキアップ。
フューエルフィルターは車体右後ろ、運転席の後ろ辺りにあります。
PB020692_R


赤丸のファスナー5つを外すとカバーが取れ、フィルターにアクセスできます。
PB020693_R 


上側がタンクから来るホース、下がエンジンに向かうホースです。
コイツのクリップをずらしてホースを2箇所外しますが、いくら圧を抜いていてもガソリンは多少なり出てきます。
ゴーグルを装着したり、真下に顔を持ってこないとかしてそれなりに対策しておいて下さいね。
PB020696_R


フィルターは2本のボルトで固定されています。
外したホースにはガソリンを止める為、手持ちのボルトで栓をしてます。
PB020697_R PB020698_R


旧フィルターの中からは黒いガソリンが...
PB020699_R


ブラケットはフィルターの出っ張りに合わせて位置決めします。
テンションがかかってますので、バイスグリップで押さえてからボルトをかけました。
PB020705_R PB020711_R


サクッと終了。
PB020730_R

 

内装のレストア

走っていると、インパネ周りから「キコキコ」とプラスチック同士がこすれる不快な音が出始めた。

走行中のダッシュボードや内装のこすれる音は、私はどうも気になってしまい精神衛生上良くない。
そういえば2寸管を装着したときも、3000回転付近でえげつなくダッシュボードが共振し、辟易した覚えがある。
ロドスタを世に送り出した開発者の方の話では、薄いプラスチック製のダッシュボードにしたのは「とにかく軽くする」ためでやむをえないそうだ。 

走行中共振して「ヴィ~ン」という安っぽい音を出しても「軽くするためには仕方ないのだ」と自分に言い聞かせていたが、 我慢ならず何かしら手を打つことにした。

ついでにフロアカーペットを張り替えたら新車気分を味わえるだろうし(実はシートフレームを作った時やロールケージを取り付けたとき、 結構いい加減にカーペットを切ったので仕上がりがブサイクなのだ)埃だらけであろうエアコンダクトも掃除してやろう。

しかもダッシュを取り外した状態で、いまだ部屋のオブジェとなっている「どーだバー」を取り付けたら、かなり楽にできるんじゃないだろうか? うむいい考えだ。

2004年から通勤にロドスタを使うことは無くなり、数ヶ月不動車にしても差し支えない状況になった事も手伝って「内装レストア」 着手と相成りました。


ダッシュボードの取り外し
まずサクッとセンターコンソールとパネル、ステアリングを外します。(ボスも一緒に外すと吉。後々外すことになります)


ステアリングのコラムカバーを外し、メーターのカバーを引っ張って外します。
私はメーターアッセンを外す際、スピードメーターケーブルを外すのに結構時間がかかりました。
リリース用のツメは下側にありますので、若干メーターアッセンを引き出すと外しやすいです。

 
メーターを外した後、ボス・ウィンカーレバーを外しました。


エアコンパネルのワイヤーですが、ブロア1本、ヒーターユニット2本で計3本つながっています。
写真はヒーターユニット左側です。


次にブロアのワイヤー位置。


最後にヒータユニット右側です。


あとはソケットサイズ10のボルト5本、サイズ14のボルト2本を外し、カプラーを一通り外すとダッシュボードが外れます。
結構本体への固定個所は少ないですね。

シフトレバーが結構邪魔なので、ダッシュボードの上側を手前に引くようにすれば外れやすいです。
思っていたよりも軽い。一人でも何とかなる重さです。

 

エアコン関係
左から、ブロアユニット、エバポレーター、ヒーターユニットとなっています。


ダクト同士をつなぐバンド?を2箇所外し、ソケットサイズ10のボルト2本を外して最初にエバポレーターを引き出します。
本当はそう簡単にエバポは外れません。なぜかというとエンジンルーム側のエアコン配管がバルクヘッドを貫通して接続されているからです。 
この配管を外すにはエアコンガスを抜かなければいけません。
ガスについては適切な処理をお願いします。

 

で、めでたくエバポ君が外れました。
この中にカビが生えて、いやなにおいを車内に充満させるそうなので、分解清掃すればさぞ気持ち良いことでしょう。


ヒーターユニットは、エバポ君と同じくバルクヘッドを貫通する銅パイプがありますので、 エンジンルーム側のエキマニ付近にあるウォーターホースを2本外します。
以前ヘッドを下ろしたとき、このホースを外す必要があったのですが、固着がひどくホースリムーバーでグリグリやり、 やっとのことでホースを外しました。
ふと銅パイプを見ると、ベコベコにへこんで痛ましい様に...。手ごろなサイズのソケットをつっこみ、 パイプ状になるよう板金しましたが完全復活とはなりません。
今回このパイプも交換しよう。うん気持ちいいぞ。


ブロアユニットが外れ、広々とした車内。

 

ブロアーユニット分解・フィルター取り付け

エアコン関係を一通り車体から外し、個別に清掃をすることにしました。
ブロアユニットからかかります。

外したブロアユニット。下から見るとこんな感じ。テキトーにねじを外すとモーターが外れたりユニットを2分割にできます。


中を見るとえげつなく汚い!内外気導入を切り替えるフタに貼り付けているスポンジは真っ黒です。
とりあえずフタを取り外して洗いました。外気導入口側のスポンジはポロポロとはがれてしまいましたので、 すべてスクレパーでそぎ落としてフェルトを貼りました。

外気導入口はどんな風になっているか見てみたくなったので、ワイパーモーター周りのカバーを外して見てみます。


大きいプラスチックカバーを外し、のぞき込む...。奥に見えるエントツのようなものがどうもそれらしい。


ボンネット側から見て右側にある小さめのプラスチックカバー(雨よけ)を外すと外気導入口が顔を出します。
ここから直に外の空気が入ってきます。
しかも張っている網の目は、万が一車内でそれが飛び回るような事があると、大パニック必至となる「カメムシ」がやすやすと入る大きさ!
何とかせねば!! 


そうでなくとも直接入ってきた外気は、ブロアを介してエバポレーターを通り(大きい蚊などの虫はここで熱交換するフィンに引っかかる)ヒーターユニットを経由して車内に汚れた空気を撒き散らします。
ダクトが汚れるのも当たり前ですな。

そこでフィルターを外気導入口に取り付ければ、虫も入らず車内も汚れにくくなって、しかも大王が車内で飛び回るのも防げると思い、 何とかすることにしました。

以前購入し倉庫で眠っていたFORZAのエアフィルターを加工します。(日産用)
目当てはフィルターフレームのパンチングメタルと、フィルターそのもの。
 


フィルターフレームのからパンチングメタルを外します。カッターで周りのゴムをそぎ落として...


GET。


次にブロアユニットの上部にあるリブをカットして上面をフラットにします。


ユニットの形状に合わせてパンチングをカットしてリベットで固定。


周りにパッキンとなるスポンジ(隙間テープ)を貼ってブロア側の加工は終了です。


次は本体外気導入口の網を取り外しです。
網は数箇所しか溶接されていませんので、その部分を残しニッパーでブチブチ切っていきました。
P3101004_R


外れたところ。残った溶接部分はルーターにて削り落とし、サビ止めにシャーシブラックをはけ塗り。
P3101006_R


ブロアを付けるとこんな感じ。少なくてもこれで恐怖の大王はシャットアウト!
P3101020_R


フィルター取り付け後です
P3275708_R

 

しばらく使ってわかった事ですが、エアフィルター流用のブロアユニット用フィルターでは、どうも目が細かすぎるようです。
ブロアを回してもフィルター無しの状態に比べて半分位の風量しかありません。モーターへの負担も心配なので、フィルターの仕様変更をしました。 

エアフィルターの次に選んだのがコレ。キッチンの換気扇用フィルター@訪問販売(笑)
P52964371


厚みが1センチ位で目のつまり具合も細か過ぎず、荒過ぎず良さそうです。これを2枚重ねしてセットしました。
結果、ほとんどフィルターレスと風量は変わらず、ええ感じになりました。
P52964421


おまけ。約2ヵ月後のフィルターの汚れ具合です。衝撃的に汚れてはいませんでした。
P52964401

 

エバポレーターの掃除

エバポレーターの分解は結構簡単です。クリップを外してフロストスイッチ(平端子2本が出ている部品) を固定するネジを外せば上下にパカッと外れます。
中のミニラジエターにささっているフロストスイッチの感知部は、フィンを多少起こせば抜けます。
P2280883_R P2280880_R

フロストスイッチ
P2280882_R

次にミニラジエターとエバポの中を掃除します。エアコン配管に水が入らないように注意してください。
あとは良く乾かして組み立てます。


ヒーターユニットも分解清掃しようかと思いましたが、風の切り替えをするフタ?のリンクが複雑で組み立てに手間取りそうなのと、 ヒーターユニット自体は小さなカバーを外せばスポッと外れてくれたので必要最小限のバラシとなりました。
バルクヘッドを貫通する銅配管は、ヒーターユニット一体ではなくユニットに入る直前で長さ10cm位のゴムホースを介して接続されています。 このゴムホースも新品に。
ユニット右側の小さいカバーを外すには、多少リンクを外さなければいけません。中には細かいパーツも含まれていますのでご注意。
P2250828_R P2250832_R P2250833_R P2250838_R P2250839_R P2280902_R
 
 ヒーターユニットの清掃とゴム配管の交換をして組み立てしました。

エアコンの各部品ですが、まずエバポレーターを外さなければ、ブロアユニットやヒーターユニットを外すことはできません。 仮にエバポレーターがなければバルクヘッドを貫通する銅パイプも目視できますしブロアユニットも簡単に外せるので、 フィルターの交換や取付けも私の採った方法以外でもできそうです。
しかもコンプレッサーを外せば軽量化にもなる。しばしエアコンを外したい衝動に駆られていました。
でも夏のことを考えるとちょっとね...。


ダッシュボード
外したダッシュボードは中の鉄パイプと分離して、ハーネス類を一度外して多少浮いた錆を取りました。
その後、ハーネスを取り付けアセテートテープにて固定。
今回ダッシュのビビリ音が非常に気になっていたので、裏に数箇所レジェトレックスなる制振シートを貼り付けました。
よくカーオーディオで「デットニング」に使われるアレです。
プラスチックの薄くなっている平たい箇所を重点的にやりました。これでビビリ音も多少ましになるかな?
あとはエアコンダクトを清掃して組み付けます。
エアコン関係の取り付け終了後、ダッシュボードを元の状態にします。
 

シートベルト巻きつけ装置
上側のネジがタッピングビスでいけていないので、ハンドナッターにてネジの受け側を取り付けました。
P30709951 P30709941 P30709961


全ての作業が済んだのが3月27日でしたので、1ヶ月以上かかってます。結構大変でしたけどこれで少しは快適になるんじゃないかと思います。 
オープンで走るのが楽しみ(*^_^*)


ダッシュボードの制振ですが、かなり効きます! 小さなキコキコ音やカタカタ音は消えうせ、車格のランクが上がったかのようです。
ギャップや段差を乗り越えたとき、「ドシャッ」「キコッ」「ミシッ」といっていたのが、どーだバーとの相乗効果と思われますが「ドスッ」 っといっただけで終わりになります。

レジェトレックス自体結構重量があり、それをダッシュボードに貼るのは重心のことを厳密に考えるとマイナスと思います。
しかしプラスチックのこすれる音が気になる私のような神経質な人間には、精神的には大きなプラスになるのではないかと。