NDサスペンション

週末の早朝は某お山に行って、そこにいらっしゃる方々と雑談するのが楽しい今日この頃。

その中に、ワタシの息子といってもおかしくない若いロドスタオーナー「ロンドンくん」がいまして、最近よく話す様になりました。

そのロンドンくんのクルマですが、シャコタンにエンケイのRP-F1RSを組み合わせていて、かなりカッコイイ。
この仕様、オッサンは大好きです(笑)
ND_CUS_9


そんな感じで色んなところに手が入っている彼のNDですが、フルタップの車高調を入れてから、リアがピーキーになり怖くて「踏めない」らしい。

車高はノーマルに対してかなり下がるも、ストロークの初期が固く、荷重がかかると急にグニャリと腰砕けになるとか。

ノーマルより限界が落ちている状態ってアレだし、せっかくのフルタップが勿体ないよね~という話から、一度ウチのガレージでサスを見せてもらう事になりました。


・採寸
装着されているバネはフロント6k、リア3.5kで自由長はそれぞれ200mm。

リアショックアッシーでバネ高さを測ると、20mmほどプリロードがかかっている模様。

アッパーを外すと腹巻をした(笑)バンプラバーが。
結構高さがありますので、1Gでバンプタッチしてる気がする。
ND_CUS_8

 

フロントにプリはほとんどかかっておらず、全長調整代もあってこちらは色んな意味で余裕がありました。


・ポイント
レバー比をフロント1.46(※下記参照)、リア1.0で1Gでの沈み込みを計算すると、リアはかなりシビアにセッティングしないといけない印象を持ちました。

なので、リアショック全長をいかに稼ぎ、狙った1G車高から延び縮み共、ストロークを無駄にしない設定が出来るかどうかがポイントでしょう。
おわかりかと思いますが、リアのセッティングをメインに今回は組んでいます。


ロッド長についてはリアが若干厳しいものの、バネの選択によってはそれなりに使えるアシになりそう、とロンドンくんに伝えると、セッティングを是非変えてみたいとの事。

ワタシも凄く興味あるし!(笑)
という訳で、今後彼の良き評価軸となるサスにすべく、ワタシの持つノウハウをベースに、


NDロードスター用・クスコ Street ZeroA改、を組んでみました。


今回のセッティングは、うえしまさんに監修いただいてます。
仕上がりがどうなるかとても楽しみ(微笑)
(要はフレックス改をクスコでやってみようってハナシです。)

 

レートとサイズを指定したので、当日はそのバネを持ち込んでもらい仕様変更開始です。

アッパーはゴムブッシュ仕様のまま。
ND_CUS_10

これが
ND_CUS_3

こうなる。
ND_CUS_4

組み付けてから車高調整が多少必要でした。
ND_CUS_11


車体に組み付け、リフトした状態。ここから全長を10mmプラスして車高調整しています。
ND_CUS_7


デフォルトより全長が延びています。
ND_CUS_6

 

とりあえず作業完了。いいんじゃないでしょうか。

nd_cus_00

 

・オーナーの感想
乗り心地はすごく良く、嫌な突き上げもなくなりました。
グリップが破綻した時、今までは唐突に滑り出していたのが、じわじわとオーバーが出るように変化しました。
ブレーキング時のフロント荷重の乗り方は以前よりも乗りやすくなりました。


お山では限界まで追い込めないですから、シビアなところはわかりません。

次回の舞ジムで思いっきり走ってもらいましょう!
ワタシも乗ってみたいし~(笑)

 

【つぶやき】
組み付けてリフトから降ろすと、フロントの沈み込みがやたら大きく(計算値から外れている気がする)、全長を延ばした経緯がありました。
実測はしていませんが、フロントレバー比はジョイファストさんの書かれているホイールレート0.56(1.78)が正しいかも知れません。
 

YOKOHAMA S-drive

先日タイヤを交換したのですが、見た目、グリップ、耐摩耗性、価格等のバランスが良く、ずっと愛用しているSドライブにしました。

急遽履き換えの必要があり、有力候補だったピレリP1は少し先になりそうです。
というか、舞ジム用にP1を用意したいなー。贅沢だけど。

 

さて、いつ位から使っていたのか過去日記を検索すると、2007年1月に初めて履かせたようなので9年!

間にZ1、ネオバをはさんで2年ほど前からセカンドグレードに戻ってきてもまだ手に入るとは(笑)
長い間生産されているんですね~。
 

 

そんなSドラもアドバンブランドの「フレバ」というタイヤにバトンタッチするようです。

 

大事に使おう。
sdii

sdii5

 

リニューアル

DSCN9875

10年以上、MovableTypeというCMSで当サイトを構築してきましたが、バージョンが古すぎて(笑)更新できなくなってしまい...。

コマゴマした記事はみんカラに書いてますが、m84ネタは自分なりのリファレンスとして今後も更新していきたいので、リニューアルしました。

過去記事はバックナンバーとして後々見れるようにしたいと思います。(気が向けばw)

また、ロードスターコンテンツは整理して加筆、追記していきますので。

今後とも当サイトをよろしくお願いします。

 

テックエッジ2J2のセンサー交換

2j2_cal_2

ワタシが愛用する空燃比計テックエッジは、センサーがくたびれてくると、モニターの右端に「H」という表示を頻繁に出すようになります。

最近よく見るようになったので、新品センサーに交換する事にしたのですが、 そこそこ焦るエラーが発生したので、備忘録代わりに書いておきます。

それはセンサー交換を終え、続いて大気校正をした時の事。

テクエジの2J2は本体にオートキャリブレーションボタンが付いていて、このボタンを長押しすると、PCを使わずに大気校正できます。

まずは本体ボタンでCalし、その後PCをつないでWBUtil(本体設定用ソフト)でもCal。(興味本位w)

で、テクエジのモニターを接続して電源を入れると、そこには「nd」の文字が...。

「nd」表示は、本体からデーターを読めないという事なので、センサー~本体の接続がOKなら、本体出力に何らかの不具合が発生した可能性があります。

PCを再度つないで本体リフラッシュしようとしたら、PCのマウスポインターと左右クリックボタンが、見えない手によって高速で操作しているようなオカルト現象に(汗)

通信用ケーブルを抜くと、その動きはピタリと止まるので、テクエジ本体からの影響なのは間違いなさそうです。

とりあえず家に本体とPCを持ち込んで再度接続すると、オカルト現象にはならず...。 なんでだろ?

いつも使っている通信ケーブルは2Aや2Yという古めのモデルから使っているもの。
2J2に付属する通信ケーブルを出してきて比較すると違いがありました。 古い方はRS232CのRxとTxのほかにシールドも結線されていて、2J付属ケーブルは2線のみ。

2j2_cal_3 

 

原因はこれ? 本体アースとノイズの関係なんだろうか? とりあえず新ケーブルで本体リフラッシュを済ませ、モニターを接続すると「nd」表示は出ず、いつもの「HEAT」→「LEAN」となって問題なし。

次にPCから大気校正すると、また「nd」とな...。

以上の結果から、

・2J2のセンサー大気校正は、本体ボタンのみで行う!
・本体リフラッシュは車載で行わず、お家でバッテリーを使ってやる(笑)
・2J2付属ケーブルをつかう!

テクエジってコントローラーが繊細な印象ですが、リフラッシュしたら簡単にリセットできるので、その辺りはお手軽な部類ですかね。 とはいえ、オカルト現象はもう勘弁ね(笑)

2j2_cal_1

LX1の表示設定変更

disp_conf_12_thumb

 

先日、依頼を受けて本体組立キット(2Y2 DIY)と、表示器のLX1を本国サイトから購入し納品したのですが、LX1の設定変更に大いに手間取ったので、今後の為に書いておきます。

空燃比をデジタル表示するLX1や、LD02の全面パネルにはボタンが2つ実装されていて、表示はボタンを押すごとに以下のように切り替わります。
0:A/F表示
1:ラムダ表示
2:ユーザーインプット(0~5V)
3:エンジン回転数

 

「0」と「1」は元々テクエジ本体とつながっているのでそのまま表示され、「2」と「3」はECUハーネス等から分岐し、テクエジ本体に入力する必要があります。

「2」のユーザーインプット(0~5V)のデフォルトは、入力電圧0~5Vに対し0~100%表示させるようになっていて、ここを入力電圧値そのままに表示させたい。
しかし、ユーティリティーソフトで簡単に出来そうに見えるも、どうもうまくいかず...。

スロットルセンサーやナローバンドO2センサーの出力を、そのまま表示器でモニター出来るのは結構便利なので、ここは何とかしたいので、コマンド入力で直接変更する方法で色々やってみました。

では、ソフトの操作も含めて解説していきましょう~。

設定変更に使うのは、本体と同じく「WB Util(beta06it)」。 表示器(ディスプレー)はLX1です。
teicon_thumb

 

ディスプレー専用アダプターをPCにつなぎ、12V電源とディスプレーのコネクタを接続。
disp_conf_22_thumb

 

PCにて 「WB Util」 を起動、 【General】 タブ内のDisplay UnitをLX1に設定します。
conf10

 

ディスプレー電源を入れると、「nd」表示になっているはずです。
disp_conf_14_thumb

Display LX1 タブの「Read」ボタンを押すと、「conf」表示に。
disp_conf_13_thumb
これで設定準備完了です。

 

PCで 【Terminal】 タブを開き、
Command options [History]にチェックマーク。
プルダウンメニューは [As ASCⅡ]。
Cmd:はコマンドを打ち込むところです。

Cmdに g0c と打ち込み、Enter を押すと、ちゃんと接続が確立されてLX1がconfig Modeになっていれば、下記のようにアンサー >0085が返ってきます。
conf122_thumb

 

下記は電圧表示に変更、書き込みが完了し、再度呼び出して書き換わっているのを確認したところ。
conf12_thumb

・コマンド解説
g0c (Enter) ・・・現在の設定を確認。
>0085 ・・・%表示に設定中。
s0c86(Enter)
[s0c86] >0086 ・・・電圧表示に変更されました。
w(Enter)
>2901 ・・・書き換え完了。
コマンド初頭のgは読出し、sは設定を意味します。

0c(offset) 86(value)の意味は下記を参考にして下さい。

conf13_thumb

conf14_thumb