LINK対応フルモニのCAN設定

 

 

Full-Com Monitor【フルモニ】導入

以前m84対応になった事をきっかけに導入したフルモニが、製作者Tomoyaさんの手でファームアップされ、新たにLINK G4+・G4X対応となりました。

LINKのCANはユーザーが自由に変更できる仕様なので、そのあたり十分に楽しめるよう、各設定について紹介したいと思います。

 

・ストリームの設定(例)
1.PC LINKでベースマップを読み込み、CAN設定画面を開く。

2.「ストリームタブ」を開き、左側の「ストリーム1」をクリック(選択)、「フレーム追加」ボタン押下。

 

するとストリーム1の階層下に「フレーム1」が追加されるので、それを選択し右側のパラメータ「追加」ボタン押下。

3.パラメータ選択リストから「エンジン回転数」を選択、パラメータ(一覧)に表示された「エンジン回転数」をクリック(選択)すると設定値を入力できるようになります。

4.パラメータ横「スタートポジション」「幅」「バイトオーダー」「タイプ」「乗算」「Divider」「オフセット」値をそれぞれ入力。数値については下記を参照して下さい。

5.同じ手順で「TP」「BAP」「吸気温」パラメーターをストリーム1のフレーム1内に設定します。(1フレームにつき4パラメーターを設定)

6.上記手順でストリーム2~6内にフレーム1を追加して下記リスト(例)の通り設定する。

 

 

・モードの設定
CANモジュール : フルモニを接続するCANの番号を選ぶ(原則CAN2を選択)
モード : ユーザー定義
ビットレート : 1Mbit/s

データ_チャンネル1を選択
モード : Transmit ユーザーストリーム1
送信レート : 20Hz
CAN ID : 1000

データ_チャンネル2を選択
モード : Transmit ユーザーストリーム2
送信レート : 20Hz
CAN ID : 1001

データ_チャンネル3を選択
モード : Transmit ユーザーストリーム3
送信レート : 20Hz
CAN ID : 1002

データ_チャンネル4を選択
モード : Transmit ユーザーストリーム4
送信レート : 20Hz
CAN ID : 1003

データ_チャンネル5を選択
モード : Transmit ユーザーストリーム5
送信レート : 20Hz
CAN ID : 1004

データ_チャンネル6を選択
モード : Transmit ユーザーストリーム6
送信レート : 20Hz
CAN ID : 1005

フォーマット : 標準

 

 

・ポイント
フルモニで表示させるパラメーターは、フルモニ側でCAN_ID(ストリーム)とフレーム内の順番(ID)で指定します。

ざっくりいうと、フルモニはLINKから流れてくるフレームの数値を拾い出して表示するだけなので、仮に自分が初期設定に無い項目をフルモニに表示させたい場合、そこのパラメーターをストリームのフレーム内で入れ替えれば簡単に変更できます。

数値の桁はフルモニ内の「DP」項目で変更します。

 

数値表示がPCと大きく違う、(桁の変更だけでは正しく表示されない)場合は、オフセットの設定値が違う可能性があります。

テスト計算タブで表示させたいパラメーターを選ぶと、表示オフセットがわかります(わかりにくいですがw)ので、下の空欄に数字を入れてフルモニに正しく表示される設定を確認してください。

 


PC LINK CAN設定一覧(例)

 

フルモニパラメーター割当リスト

 

・設定例

CLラムダ燃料補正を任意の位置に表示させます。

上記CAN設定一覧で、CLラムダ燃料補正は、
ストリーム6/フレーム1/3番目です。

テスト計算のCAN Bus Dataの値がフルモニに表示される(桁は気にしない)ので、PC LINKディスプレイデータに任意の数値を入れ、そこが正しく表示されるオフセット値を把握します。

・PCディスプレイデータ : -10(PC LINKの表示)
・CAN Bus Data : -100(フルモニのDPにて桁調整)
・オフセット : -1000(表示オフセット・LINK CANもしくはフルモニに値入力)

 

フルモニの表示させたいところを長押しし、表示セッティング画面を出します。
Data Select で ID6.DATA3 を選び、Biasに表示オフセット値 -1000 を入力。
Lebel・Unitを設定しSAVEして完了です。  

 

Special thanks to Tomoya san!

最高です(^-^)

 

 

※取付後の気づき

・CANステータスエラー
ECUとフルモニの電源を分けてしまう(イグニッション・ACC)と、セルを回した時にCANの通信が切れてしまうので、CANエラーが出るようです。

フルモニ電源はイグニッション電源から取る方が良いでしょう。

 

 

・AEM X-SERIES UEGO GAGEの同バス接続

AEMのフォーマットは「拡張」で、フルモニに合わせて「標準」にするとラムダ表示がフリーズしたので、フォーマットを合わす必要があるならCANバスでの共存は出来ないかも知れません。

 

ただ、フルモニ製作者のtomoya氏から、フォーマットが混在しても問題ないのでは?とコメントいただきましたので、共存の可能性はあるかもしれません。

というわけで同バスでの確認は後日...

共存可能です

 

アナログ電圧出力で対応するなら下記設定で。
AEM接続線 : 白線+ 茶色線-

 

ラムダオーバーレイテーブル

クローズドループで使うラムダテーブル(目標A/F)を、条件を組み合わせて増減させるテーブルです。

 

高速で長距離を走る機会があった時、ラムダテーブルの目標空燃比を薄くして燃費を稼いでいたのですが、いちいち空燃比マップを上書きするのが面倒で、高速巡行を検知してその時だけ書き換えできないかと。

オーバーレイテーブルを使えばそれが出来そうです。

最初はスイッチのDI入力でオン-オフをするつもりでしたが、テーブル軸に仮想AUXが使えそうでしたので条件検出をして動かしてみる事にしました。

とりあえず街乗り領域でセッティングします。

 

検出条件
1.一定速度で走行し設定時間経過後条件成立
2.低負荷領域
3.高負荷になれば即リセット

条件数の関係と設定時間を簡単に変更する為、仮想AUXは2チャンネル使いました。

 

・仮想AUX1CH ON条件
ギアは3速以上
MAP値80kpa以下(高負荷条件不成立)
1200r.p.m.以上

・タイマー1
仮想AUX1CHオンで起動

・仮想AUX2CH ON条件
水温80度以上(冷間補正時不成立)
タイマー20sec(オーバーレイテーブルONの時間)

 

とりあえずはこんな感じで。

 

 

加速増量補正設定

シフトダウン時の空ぶかしでA/Fがリッチになるのを放置していると、マフラーの中が真っ黒になり、バンパーにも黒いシミが...。

濃くなる原因として、
1.燃料マップの高負荷を読む。
2.加速補正上限テーブルの数値が大きい。
3.加速補正不感帯の数値が小さく少しのTPSデルタで補正が入る。
4.加速補正感度の数値が大きい?

要は詰めが甘いって事なので、調整しました。

 

 

 

加速上限テーブル
回転数に合わせて読んだマップに対し濃くする割合の上限値を設定。

 

加速補正感度
ここの数値を大きくすると、補正が入ったときの時間が長くなります。
加速補正を保持する時間と解釈しました。

・加速補正感度「5%」

・加速補正感度「50%」

 

 

加速補正不感帯
TPデルタをどの程度で検知するかを決める数値。
数値が小さければほんの少しアクセル変化で加速補正が入ります。

 

加速補正減少率
ログをとっても特に大きな影響は無さそうなので適当です(笑)

 

プラグインでエアコンリクエストが切れる件

プラグインモデルを取り付けしたワタシのクルマで起きた事象になります。

エアコンスイッチを「ON」にしてブロアを回した時、風量「1」だとコンプレッサーのクラッチは外れずエアコンは効いているのですが、「2」以上にするとエアコンリクエストが切れ、エアコンが止まってしまいました。

どうもプラグインに換装したエアコン付きのNAは、ファンの風量を上げて行くといづれかの段階でエアコンリクエストが切れる事象が出るようです。
(全く問題なく最大風量までいく個体もある様ですが、まれなケースです。)

 

原因がわからなければ対処できませんので、まずはそこから。

エアコンリクエストのECU側のピンは「1Q」(Sr.1、1.5)「1K」(Sr.2)で、デジタル入力としてLINKに割当てられており、設定のOnレベルはLowなので、このピンがグランド(GND・アース)に落ちたらACリクエスト「ON」→ACクラッチ&コンデンサファン「ON」になるという流れになります。

 

では次にデジタル入力のLow検出は、グランド間との抵抗0Ωで完全にアースされなければいけないのでしょうか?

1Qピンとグランド(シャーシ)間に電圧計をつなぎ、エアコンスイッチ「ON」・ファンスイッチ「1」で確認すると、mVオーダーにはならず1Vちょっと電圧が出ていましたが、エアコンリクエストは切れませんでした。
という事は、Low検出は電圧があっても(多少の抵抗があっても)出来ている様です。

続いてファンスイッチ「2」にすると、少し電圧が上がってエアコンリクエストは切れてしまいます。ファンスイッチの風量を上げて行くと、電圧も同じように少しづつ上がっていきました。

エアコンリクエストが切れる電圧を探っていくと、だいたいの閾値がわかってきましたので、そこまで電圧を上げない(エアコンリクエストに使用するピンのグランド電位を上げない)様にすれば良い訳です。

 

ブロアファン周りの回路。

 

A/Cスイッチを入れてもブロアを回さなければ、DI1がグランドに落ちない回路になっています。

よーく回路を見てみると、ブロアモーターのグランドとエアコンリクエストの回路は共通のアースを使っています。

ファンスイッチ「1」だとブロアファンのアースは3つのレジスター(抵抗)を介してグランドに落ちるのでその分回転が低く、エアコンリクエストの方はほぼ直接グランドに落ちます。

その時グランドに流れる電流は、12V/レジスターの抵抗(3つ分)となりますので、小さいものとなりますが、風量を上げて行けばレジスターの抵抗が減り(抵抗なし)、電流は大きくなっていくので、ブロア回路のアースポイントに少しでも抵抗があると、ここで電位を上げてしまうわけですね。

 

対処の方法は色々あると思うのですが、今回は確実な動作をさせるためのアダプターを製作しました。
センターコンソールの分解やハーネスの途中分岐等したくないので、比較的簡単に導入できる仕様です。

 

現在製作は受け付けておりません。

 

 

ヘッドライトONでアイドルアップ

m84では配線加工しないとラジエターファン負荷でアイドルアップさせられませんでしたが、LINKはデフォルトでできるようになってます。

とはいえ、ヘッドライト「ON」でのアイドルアップは設定に無いので、これも配線変更で対応します。

 

ヘッドライト「ON」で12V来るのは「1U(Sr.2:1H)」なので、コレをSr.2→Sr.1変換コネクターでは空いているであろう「1C(Sr.1)」 DI4(スタートPosn)に結線変更。

Sr.1だと「1C」に入線があると思うので、他の余っているDIに「1U(Sr.2:1H)」を結線しなおして下さい。

あとはPC LINKでの設定になります。

 

DI4のパラメーターを、スタートPosn → Neutral/Park に変更。

 

 

ポイントは Onレベル が Low ってことでしょうか。

 

要はヘッドライト「ON」(正確にはコンピネーションスイッチON)を余っているNeutral/Park に見立て、アイドルアップさせるって事ですね。

 

より純正に近づけるためのプチネタでした。

 

【その後...追記】

Neutral/Parkに割りつけていると、バグなのかISCが変な動きになったので、DI4はヘッドライトとして単独のDIにして、アイドル目標トリムテーブルのY軸に仮想AUX(ファンorヘッドライトorパワステの負荷検出)を割当ててアイドル目標回転数を上げるようにしました。