フリクションオフセットスペーサー

車検整備でロドスタのサスを分解し、ショックロッドの動きを見ようとグーっと縮めて手を離すとロッドが上がって来ない...。

ガス抜けです(-_-;)

慌ててYZさんにショックを持ち込み、N2ガスを入れてもらいながらロードスターのリアサスについて話をしていたら、
「ロドスタのリアサスはロッドに結構無理な力がかかるから、ガス抜けとか起こしやすいんだよね。」
とか、
「ピロ受けにするのが1番なんだけど車高下げられなくなるし。」
など、ウィークポイントを色々ご存じでした。(ロードスターは相当数やられたみたいです)

 

ロッドに側圧がかかる原因の1つとして、ショックストロークの過程でロッド角度に変化があってスプリングが真っ直ぐに押されず、極端に表現すると「く」の字に曲がるからみたいですね。

NAアッパーはその辺り考慮されているようですが、NBアッパーからはロッドの首振りに関して微妙な感じみたいですね。

酷い時にはロッドに焼き付いたあとや、偏摩耗が見られるケースもある様です。

ワタシの様に車高を落としたロドスタは、ストロークのどのあたりでスプリングが真っ直ぐになっている?車高はどのくらい?と知りたくなったので、まずはいろいろ計測する事にしました。

 

まずはアッパー取り付け面の角度を測定。水平から何度という感じに測ります。

 

次にショックロッド先端にアングルセンサーを取り付けて全伸び→アームロックの角度変化を測定。(写真はフルストローク)
微妙にロッドが傾いている様子がわかります?

全ストロークで4度弱の傾きの変化がありました。

 

アッパー取り付け面と同じ角度になるまでストロークさせタイヤをはめた時の様子がこちら。
純正1G車高に見えます。
言い換えれば、純正の設計はロッドへのフリクションがほぼ無いところからストロークさせるという事でしょう。

 

マンガで描くとこんな感じ?(寸法等々適当です)

 

さらにマイロドスタの車高(指1本)に合わせて角度測定。

測定結果から、自分の1G車高(指一本)では常にバネが曲がった状態(ロッドに負担がかかった状態)であり、さらにバンプするともっとバネが曲がっていく事がわかりました。

アッパー取り付け面角度と自身の1G車高でのロッド角度を比較すると、数度の差があります。

という事は、あらかじめアッパー取り付け面をその角度に合わせておけば、純正と同じくフリクションがない状態からストロークさせられるのでは?という事で、アッパーマウントスペーサーを元に、1面を任意の角度でカットしたものを考えてみました。

イメージとしてはこんな感じです。
車高調整用のアッパーマウントスペーサーは昔から製品があるので、形状的には想像しやすく、カットする角度については自車で取ったデーターを基に寸法は出そうですね。

 

構想がある程度まとまり、テストパーツを作ろうかとなったんですが、小ロットで引き受けてもらえる所がすぐに見つかったので、在庫覚悟でいくつかつくっていただきました。

もし致命的な設計ミスがあったらと不安があったものの、数名のロドスタマニアの方々に所見をいただいて、その感触が良かったので製作に踏み切ったという感じです。

 

届いたブツ。
スチール製でニッケルメッキしています。



 

付属の特殊座金でスペーサーの角度を吸収しますので、アッパー取り付けネジを斜めに締めることはありません。

車高は取り付け前と比べ、フェンダー位置で3mm高くなります。

このスペーサーを取付して効果が期待できるのは、1G車高が純正サス車高より低いロードスターのリアサスで、
・NBアッパーのもの
・ピロアッパーでバネがアッパー面に直付けタイプのもの
となります。

効果の程はいかに...。

 

RSGW オイルエレメント交換サポート

 

オイルエレメント交換をサポートするアイテムです。

いつもはインマニステーを外してメンバーに新聞紙を置き、手前にオイルを垂らしていましたが、コレを使えばブロックやメンバーについたオイルのふき取りが不要となって良いかも?と購入してみました。

 

オイル受けとなるパーツにホースが付属されていますが、使い勝手を色々考えた末、ホースの先にボトルを取付けてみました。

スペシャルアイテムを使うなら、作業工程が少しでも減らないと意味ないと思うので、今回はインマニステーを外さずエレメント交換してみます。

 

リフトアップしてアンダーカバーを外し、メンバーの外側(クラッチレリーズが見える所)からオイル受けをオイルクーラーに引っかけます。

 

写真を見て気付きましたが、ちゃんとインマニステーをかわしてセットされているんですね~。

エンジンからオイルを抜きつつオイルエレメントを緩めると、ボトルにオイルがスーッと入っていきます。

エレメントを外し手前に持ってくるまでオイルをまき散らさなければ(笑)かなりクリーンな作業が出来ますね。

とても良く考えられているアイテムだと思います。

ご自身でオイル交換される方、おススメですよ(^^)

 

フルモニファームアップ覚書

 

この画面からエラーメッセージが出て先に進まないケースがあったのですが、そもそも設定がちゃんとできていなかった様なので、正しい進め方の覚書です。

基本的な進め方はtomoyaさんのフルモニのまとめページをご覧ください。

 

オプション→新規設定 でデバイスの選択画面が出てきます。

接続完了を確認してファイル(.mot)を読み込み→スタート。

祈る(笑)

 

以上です。

カテゴリー: G4X

フルモニとAEM空燃比計の同バス接続

結論からいうと可能です。

ただ、フルモニだけをLINKにつなぐ場合は、6Ch(24パラメーター)設定できますが、その内の1ChをAEMに割り当てる必要がありますので、4パラメーターを消さないといけません。

厳選すれば20パラメーターでも十分だと思いますので、まずはどれを残すのか検討してみて下さい。

 

LINKの設定

ざくっといえば、ストリーム1から5まで必要なパラメーターを寄せて設定。
空いたストリーム6にAEMのフレームを読み込ませて割り当てる感じでしょうか。

ポイントとしては、下記のPC LINK CAN設定一覧を見ればおわかりかと思いますが、ラムダ1がストリーム2と6にあるという事でしょうか。

 

ストリームの設定が済めば、モードタブに移って使用するCANチャンネルを選びます。

Transmitユーザーストリーム1~5のビットレートを 500kbit/s に設定。
フォーマットは標準のままです。

 

ユーザーストリーム6はReceive ユーザーストリームに変更し、CAN ID 384、
フォーマットは拡張を選びます。

LINK側は以上となります。

 

フルモニの設定

CAN ID SETTINGS 画面にて
Baudrate 500kbps
Ch6  not in use.
に変更、セーブして下さい。

 

各表示部はLINKで割り当てたIDとDATAを選び直せばOK。
桁が合わなければDPで調整して下さい。

LINKからフルモニにいっているCAN H(白線)とCAN L(緑線)を分岐し、AEMの線を割り込ませて下さい。
ワタシはH-L間の抵抗が60Ωでしたので、終端抵抗はAEMに結線していません。

 

 

PC LINK CAN設定一覧(G4X版)

 

フルモニパラメーター割当リスト(G4X版)

 

 

カテゴリー: G4X

LINK対応フルモニのCAN設定

 

 

Full-Com Monitor【フルモニ】導入

以前m84対応になった事をきっかけに導入したフルモニが、製作者Tomoyaさんの手でファームアップされ、新たにLINK G4+・G4X対応となりました。

LINKのCANはユーザーが自由に変更できる仕様なので、そのあたり十分に楽しめるよう、各設定について紹介したいと思います。

 

・ストリームの設定(例)
1.PC LINKでベースマップを読み込み、CAN設定画面を開く。

2.「ストリームタブ」を開き、左側の「ストリーム1」をクリック(選択)、「フレーム追加」ボタン押下。

 

するとストリーム1の階層下に「フレーム1」が追加されるので、それを選択し右側のパラメータ「追加」ボタン押下。

3.パラメータ選択リストから「エンジン回転数」を選択、パラメータ(一覧)に表示された「エンジン回転数」をクリック(選択)すると設定値を入力できるようになります。

4.パラメータ横「スタートポジション」「幅」「バイトオーダー」「タイプ」「乗算」「Divider」「オフセット」値をそれぞれ入力。数値については下記を参照して下さい。

5.同じ手順で「TP」「BAP」「吸気温」パラメーターをストリーム1のフレーム1内に設定します。(1フレームにつき4パラメーターを設定)

6.上記手順でストリーム2~6内にフレーム1を追加して下記リスト(例)の通り設定する。

 

 

・モードの設定
CANモジュール : フルモニを接続するCANの番号を選ぶ(原則CAN2を選択)
モード : ユーザー定義
ビットレート : 1Mbit/s

データ_チャンネル1を選択
モード : Transmit ユーザーストリーム1
送信レート : 20Hz
CAN ID : 1000

データ_チャンネル2を選択
モード : Transmit ユーザーストリーム2
送信レート : 20Hz
CAN ID : 1001

データ_チャンネル3を選択
モード : Transmit ユーザーストリーム3
送信レート : 20Hz
CAN ID : 1002

データ_チャンネル4を選択
モード : Transmit ユーザーストリーム4
送信レート : 20Hz
CAN ID : 1003

データ_チャンネル5を選択
モード : Transmit ユーザーストリーム5
送信レート : 20Hz
CAN ID : 1004

データ_チャンネル6を選択
モード : Transmit ユーザーストリーム6
送信レート : 20Hz
CAN ID : 1005

フォーマット : 標準

 

 

・ポイント
フルモニで表示させるパラメーターは、フルモニ側でCAN_ID(ストリーム)とフレーム内の順番(ID)で指定します。

ざっくりいうと、フルモニはLINKから流れてくるフレームの数値を拾い出して表示するだけなので、仮に自分が初期設定に無い項目をフルモニに表示させたい場合、そこのパラメーターをストリームのフレーム内で入れ替えれば簡単に変更できます。

数値の桁はフルモニ内の「DP」項目で変更します。

 

数値表示がPCと大きく違う、(桁の変更だけでは正しく表示されない)場合は、オフセットの設定値が違う可能性があります。

テスト計算タブで表示させたいパラメーターを選ぶと、表示オフセットがわかります(わかりにくいですがw)ので、下の空欄に数字を入れてフルモニに正しく表示される設定を確認してください。

 


PC LINK CAN設定一覧(例)

 

フルモニパラメーター割当リスト

 

・設定例

CLラムダ燃料補正を任意の位置に表示させます。

上記CAN設定一覧で、CLラムダ燃料補正は、
ストリーム6/フレーム1/3番目です。

テスト計算のCAN Bus Dataの値がフルモニに表示される(桁は気にしない)ので、PC LINKディスプレイデータに任意の数値を入れ、そこが正しく表示されるオフセット値を把握します。

・PCディスプレイデータ : -10(PC LINKの表示)
・CAN Bus Data : -100(フルモニのDPにて桁調整)
・オフセット : -1000(表示オフセット・LINK CANもしくはフルモニに値入力)

 

フルモニの表示させたいところを長押しし、表示セッティング画面を出します。
Data Select で ID6.DATA3 を選び、Biasに表示オフセット値 -1000 を入力。
Lebel・Unitを設定しSAVEして完了です。  

 

Special thanks to Tomoya san!

最高です(^-^)

 

 

※取付後の気づき

・CANステータスエラー
ECUとフルモニの電源を分けてしまう(イグニッション・ACC)と、セルを回した時にCANの通信が切れてしまうので、CANエラーが出るようです。

フルモニ電源はイグニッション電源から取る方が良いでしょう。

 

 

・AEM X-SERIES UEGO GAGEの同バス接続

AEMのフォーマットは「拡張」で、フルモニに合わせて「標準」にするとラムダ表示がフリーズしたので、フォーマットを合わす必要があるならCANバスでの共存は出来ないかも知れません。

 

ただ、フルモニ製作者のtomoya氏から、フォーマットが混在しても問題ないのでは?とコメントいただきましたので、共存の可能性はあるかもしれません。

というわけで同バスでの確認は後日...

共存可能です

 

アナログ電圧出力で対応するなら下記設定で。
AEM接続線 : 白線+ 茶色線-