スマートフォンホルダー その1

元々は小さいブルートゥースキーボードをハンドルセンターに取り付けして、使えなくなるホーンボタンを移設する良いアイテムが無いかなぁと探していました。

ハンドルとボスの間に挟みこむホーンボタン移設キットは、あまり選択肢が無くてモノがあってもちょっとお高い。

しかもキーボードの固定方法もなかなか思いつかない(笑)

その懸案を一気に解決するアイテムをどこかで見たような...

あ、コレだと思い出したのがマツプロダクトさんのスマホホルダー。

3Dプリンターのデータも販売されていて、面白そうだなと頭の片隅に残っていたんですね。

 

matsu’s Products


写真はマツプロダクトさんより。

 

MOMOとNARDY両ピッチに対応していますし、在庫があったので購入してみました。

ラフィックスなのでガチャっとハンドルを外して家に持ち込み、届いたホルダーを仮組みしてみます。

ホルダー本体を固定するベースパーツ(取り付け方としてはハンドルとボスの間に挟み込みます)を、ハンドルの上からあてがって確認。
ハンドルピッチは完璧です。

 

で、ピッチが一致した状態で上から見るとエラーが!

本体を固定するボス部分がハンドルに一部隠れてしまいます。

 

ボス部は裏からハンドル側に出っ張って来ないといけませんから、取り付けできない事がここで判明。
ボスを出す位置までずらすとこんな感じ(^_^;)

 

仮に何とかボスの顔を出したとしても、本体のホーンボタンが干渉しますので加工は現実的では無いですね。

 

諦めて返品か?などと思いつつ、とりあえずは現状をマツプロダクトさんに連絡したところ、丁重なお詫びとともに、

「時間をいただけるなら、MOMOベローチェモデルを作ります!」

との返事が!

これぞ神対応ってやつでは無いでしょうか。

 

干渉部の写真や寸法を何度かやり取りし、待つことひと月あまり。ベローチェ対応モデルが届きました。

左がスタンダード品です。

 

見栄えでホーンボタンを付けていますが、実際は配線の関係で外すことになります。

 

その2へつづく...。

 

ロールケージのマイナーチェンジ

メインアーチが狭いタイプのサイトウを使っていましたが、やっぱりワイドな方がカッコイイなぁと思い、ロールケージを変更してみました。

 

中古で幌用のクロモリを入手。
リアバーの穴を開け直したくなかったので、同じくサイトウのやつです。

 

で、車体に取り付けて揺さぶるとメインアーチがしなるしなる(笑)

コレはボディのどこかと共締めしないとイカンなぁとアレコレ考え、リアバーとつなぐ形で仮組み。

 

ちなみにジョイントは在庫していたクスコのリア・斜交バーをウエダさんに旋盤で取り出してもらったものです。

 

その後、何度も検討しなおしてメインアーチをつなぐ箇所は変更しました。(後述)

 

ブラケットの溶接はウエダさんにお願いして、仕上げはツヤ消し黒の自家塗装w




 

ブラケット位置はココになりました。

 

シートをブチ当てて傷をつけたくなかったので、パッドを巻いておきます。

 

とりあえずメインアーチのしなりは無くなったので満足。

次はどーだバーとの共存ですが、どうするかはこれからボチボチと考えます(笑)

 


今年もお世話になりました

今年も数時間を残すのみ。

フルコン絡みで「コレ、ワタシに出来るのか?」とビビりながら、何とかやり切った案件が自身の中ではハイライトでしたね。

信じてもらえてチャレンジする機会を作っていただいたウエダさん、HDさん、ありがとうございました。

 

それと、縁あって作業させていただいた方々、ありがとうございました。
少しでも皆さんのロードスターライフを充実させるお手伝いが出来たのでしたら、とても嬉しく思います。

 

あと、全塗装ではいい職人さんに出会う事が出来、何とか仕上げる事が出来ました。
準備のバラシ、職人さんとのやり取り(実は行き違い等々で少しもめた)、手元に2カ月ほどロドスタが無い生活でメンタルが揺らいだり、帰ってきてからの組みつけは気を使いすぎてやるのが嫌になったり。

その甲斐あって、今では洗車が楽しくて(笑)

 

というわけで、これからもボチボチやって行こうと思います。

来年もよろしくお願いいたします。


今年の1枚。トシくんと大山ツーリング。

 

鈑金の進捗

部品を持っていくついでに進捗を見てきました。

クルマを預けて4日後の状態。
赤いのが1番細かいパテだそうです。

 

クリア層は全体がダメになっていたみたい...。

 

フロントフェンダーがかぶっているところ。
錆が出ていましたが、ケレンしたらきれいになったようで一安心。

 

で、本日。
サフェーサーが塗られていました。

 

ガラスも外されています。
錆は大丈夫でした。

 

塗る色に近い感じの黒いサーフェーサーです。
コレはこれでカッコイイ(笑)

 

今のところ、順調なようです。

 

ロドスタの全塗装準備-2

前回の1週間後、外装周りの分解をしました。

リアガーニッシュなど外し、軽く清掃。

 

ドアヒンジも外してみる。
オリジナルは位置決めのノックピン?があるんですね。

新しい部品を片側上下注文すると、右上は左の下側、左上は右の下側が届きます。(知らずに慌てたのはナイショ)
なのでノックピンは無くなります。


下のヒンジを外すと錆が...。

左も下側の合わせ面にサビ...。予定外ですがココも塗ってもらいます。
というか、確認して良かった。


フェンダーを外し...


新品を合わせてみる。


で、無事鈑金屋さんに入庫となりました。


鈑金屋さんが作業しやすいよう、出来る限り部品を外して持って行きました。
そういった行為はご遠慮下さいというところもあるので、事前に確認した方が良いと思います。

今回は(次回は無いと思いますがw)全然問題ないと言ってもらったところにお願いしました。

ちょくちょく進捗を見れたらいいなぁ。