フリクションオフセットスペーサー

車検整備でロドスタのサスを分解し、ショックロッドの動きを見ようとグーっと縮めて手を離すとロッドが上がって来ない...。

ガス抜けです(-_-;)

慌ててYZさんにショックを持ち込み、N2ガスを入れてもらいながらロードスターのリアサスについて話をしていたら、
「ロドスタのリアサスはロッドに結構無理な力がかかるから、ガス抜けとか起こしやすいんだよね。」
とか、
「ピロ受けにするのが1番なんだけど車高下げられなくなるし。」
など、ウィークポイントを色々ご存じでした。(ロードスターは相当数やられたみたいです)

 

ロッドに側圧がかかる原因の1つとして、ショックストロークの過程でロッド角度に変化があってスプリングが真っ直ぐに押されず、極端に表現すると「く」の字に曲がるからみたいですね。

NAアッパーはその辺り考慮されているようですが、NBアッパーからはロッドの首振りに関して微妙な感じみたいですね。

酷い時にはロッドに焼き付いたあとや、偏摩耗が見られるケースもある様です。

ワタシの様に車高を落としたロドスタは、ストロークのどのあたりでスプリングが真っ直ぐになっている?車高はどのくらい?と知りたくなったので、まずはいろいろ計測する事にしました。

 

まずはアッパー取り付け面の角度を測定。水平から何度という感じに測ります。

 

次にショックロッド先端にアングルセンサーを取り付けて全伸び→アームロックの角度変化を測定。(写真はフルストローク)
微妙にロッドが傾いている様子がわかります?

全ストロークで4度弱の傾きの変化がありました。

 

アッパー取り付け面と同じ角度になるまでストロークさせタイヤをはめた時の様子がこちら。
純正1G車高に見えます。
言い換えれば、純正の設計はロッドへのフリクションがほぼ無いところからストロークさせるという事でしょう。

 

マンガで描くとこんな感じ?(寸法等々適当です)

 

さらにマイロドスタの車高(指1本)に合わせて角度測定。

測定結果から、自分の1G車高(指一本)では常にバネが曲がった状態(ロッドに負担がかかった状態)であり、さらにバンプするともっとバネが曲がっていく事がわかりました。

アッパー取り付け面角度と自身の1G車高でのロッド角度を比較すると、数度の差があります。

という事は、あらかじめアッパー取り付け面をその角度に合わせておけば、純正と同じくフリクションがない状態からストロークさせられるのでは?という事で、アッパーマウントスペーサーを元に、1面を任意の角度でカットしたものを考えてみました。

イメージとしてはこんな感じです。
車高調整用のアッパーマウントスペーサーは昔から製品があるので、形状的には想像しやすく、カットする角度については自車で取ったデーターを基に寸法は出そうですね。

 

構想がある程度まとまり、テストパーツを作ろうかとなったんですが、小ロットで引き受けてもらえる所がすぐに見つかったので、在庫覚悟でいくつかつくっていただきました。

もし致命的な設計ミスがあったらと不安があったものの、数名のロドスタマニアの方々に所見をいただいて、その感触が良かったので製作に踏み切ったという感じです。

 

届いたブツ。
スチール製でニッケルメッキしています。



 

付属の特殊座金でスペーサーの角度を吸収しますので、アッパー取り付けネジを斜めに締めることはありません。

車高は取り付け前と比べ、フェンダー位置で3mm高くなります。

このスペーサーを取付して効果が期待できるのは、1G車高が純正サス車高より低いロードスターのリアサスで、
・NBアッパーのもの
・ピロアッパーでバネがアッパー面に直付けタイプのもの
となります。

効果の程はいかに...。

 

ボルトストレッチゲージ企画完了

企画に賛同いただいた方々へのデリバリーが完了しましたので、製品の紹介をもって当企画は完了とします。

製品リリースまでの顛末はこちら。

 

本体ジュラルミン+ショット後に硬質アルマイト仕上げ。

ミツトヨの2109S-10に部品を追加し、それをセットして使うホルダーで、ARP製コンロッドボルトのラインナップに対応し、ボルトをはさみ込んで保持するようになっています。

持ち手は親指の関節に少し引っかかる様な形状をしており、安定して持つ事が出来ます。

 

ダイヤルゲージ外側の目盛りが干渉しなようにザグリを入れています。

 

寸法調整用ボルトのネジ山はM8並目なので、普通のボルトを加工してオーナーオリジナルの調整ボルト装着も可能です。

 

時間はかかりましたが、良いものが出来たと思います。
末永く愛用いただければ幸いです(^^)

 

 

ボルトストレッチゲージ続報

コンロッドボルトをちゃんと締めつけるのってどうするの?と気になって調べ出したらハマってしまい、希望者を募り製作する事になったボルトストレッチゲージ企画の続報です。

ARPのカタログでコンロッドボルトを締める時はコレだぜ!と紹介されていたゲージ。


ARPカタログより

 

ダイヤルゲージにスプリングが内蔵されているようで、ボルトをはさみ込んだ状態を保持し、そのまま工具で締めつけながら伸びを読みとれるみたいです。

なので、だだダイヤルケージをホルダーに取り付けただけでは無さそう。

スプリングの強さも気になるし、専用品を見ないでこの企画を進めるのもモヤモヤするし...

 

というわけで、気がつけばコイツが手元に(笑)
みんカラのお友達の方にお願いして、仕入れていただきました。

 

流石のスペシャルツール。
あんな事やこんな事がバッチリわかりましたので、その辺りを踏まえ図面を起こし、仕様も決めました。

・ミツトヨ製のダイヤルゲージ取付を前提にしています。(別途用意する必要があります)

・ダイヤルホルダーの材質はジュラルミンで硬質アルマイト(黒)仕上げ。
・ARP製のコンロッドボルト全ラインナップに対応する為、フトコロは調整できます。
・ダイヤルゲージを固定する六角穴付き止めネジ、フトコロを調整するロッドはミリサイズ。
・調整ロッドの材質は摩耗に強いSCM。
・ダイヤルゲージにセットするスプリングも、ええ具合のモノを付けます。
・形状については、購入希望者の方にだけ図面公開します(笑)
・1セット10000円で作れるのは初期ロットのみです。

 

リブ製作機の自作

アルミパイプの抜け止め(リブ)を製作する工具を自作してみました。

NAエンジンに使うインテークパイプに抜け止めがいるか考えると、それほど必要に思えませんけど、パイプ切りっぱなしよりカッコいいと思うのでやってみます(笑)

 

最初はLアングルを使ったシンプルなやつ。
リブを作る部分はイイ感じでしたが、レバー比が適切ではなく、押し付ける棒とフレームの役割をするLアングルの強度も不足していてコイツはボツ。

 

どうしたものかと倉庫をまさぐると、プレスの付属品で良い感じの鉄板が出て来ました(^^)
それを使ってバージョン2を作ります。

適切なレバー比を実現する為に穴を開け直し、押し付ける棒はパイプではなく、ムクのスチール角材を使いました。

 

今度は上手くいきましたよ。



 

仕上がりは専用工具と同じとは言えませんけど、機能としては十分だと思います。
また作れるものが増えたので嬉しい。

追加ファンハーネスキット 【 for NA8C 】 について

 

こちらで紹介されたところ、いきなり5セット程納品させていただく事になった

「ユーノスロードスター用 追加ファンハーネスキット」 for NA8C

ですが、受付期間を過ぎてもちょくちょく問い合わせいただきます。

実際の製作数は、価格提示→「予算が合いません」→問い合わせの半分くらいの製作数
になる、といった状況です(笑)

 

キットの部材費から想像すると高く感じるのかもしれませんが、
・部材の発注
・組立
・カプラーオンキットにする為の試行錯誤
・梱包&発送
・取付説明書の作成(修正更新含む)
等々ワタシ一人でやっていて、その辺りの「工賃」を反映させていますので、それなりの価格になるのはご理解いただきたいところです。

 

NA8C用の基本仕様は以下の通り。
1.電源取り出し~リレー~ファン制御分岐~ファン電源線結線済み。
2.30Aリレー、防水ヒューズホルダ、ヒューズ(15A)同封。
3.追加ファンの制御は、コンデンサファン動作と連動。
4.コンデンサファンリレーからの制御信号を取り出すカプラー付き。
5.ファンの消費電力は80Wを想定し作成。
6.取付マニュアルあり。(ダウンロード)
7.エアコン不使用時、強制的にコンデンサ&追加ファンを回すオプションあり。
8.仕様変更等の相談も受け付けています。

 

というわけで、「追加ファンハーネスキット」にご興味があれば、下記アドレスにお問い合わせくださいませ。

 

-追記-
現在製作依頼は受け付けておりません。