ボルトストレッチゲージ企画完了

企画に賛同いただいた方々へのデリバリーが完了しましたので、製品の紹介をもって当企画は完了とします。

製品リリースまでの顛末はこちら。

 

本体ジュラルミン+ショット後に硬質アルマイト仕上げ。

ミツトヨの2109S-10に部品を追加し、それをセットして使うホルダーで、ARP製コンロッドボルトのラインナップに対応し、ボルトをはさみ込んで保持するようになっています。

持ち手は親指の関節に少し引っかかる様な形状をしており、安定して持つ事が出来ます。

 

ダイヤルゲージ外側の目盛りが干渉しなようにザグリを入れています。

 

寸法調整用ボルトのネジ山はM8並目なので、普通のボルトを加工してオーナーオリジナルの調整ボルト装着も可能です。

 

時間はかかりましたが、良いものが出来たと思います。
末永く愛用いただければ幸いです(^^)

 

 

ボルトストレッチゲージ続報

コンロッドボルトをちゃんと締めつけるのってどうするの?と気になって調べ出したらハマってしまい、希望者を募り製作する事になったボルトストレッチゲージ企画の続報です。

ARPのカタログでコンロッドボルトを締める時はコレだぜ!と紹介されていたゲージ。


ARPカタログより

 

ダイヤルゲージにスプリングが内蔵されているようで、ボルトをはさみ込んだ状態を保持し、そのまま工具で締めつけながら伸びを読みとれるみたいです。

なので、だだダイヤルケージをホルダーに取り付けただけでは無さそう。

スプリングの強さも気になるし、専用品を見ないでこの企画を進めるのもモヤモヤするし...

 

というわけで、気がつけばコイツが手元に(笑)
みんカラのお友達の方にお願いして、仕入れていただきました。

 

流石のスペシャルツール。
あんな事やこんな事がバッチリわかりましたので、その辺りを踏まえ図面を起こし、仕様も決めました。

・ミツトヨ製のダイヤルゲージ取付を前提にしています。(別途用意する必要があります)

・ダイヤルホルダーの材質はジュラルミンで硬質アルマイト(黒)仕上げ。
・ARP製のコンロッドボルト全ラインナップに対応する為、フトコロは調整できます。
・ダイヤルゲージを固定する六角穴付き止めネジ、フトコロを調整するロッドはミリサイズ。
・調整ロッドの材質は摩耗に強いSCM。
・ダイヤルゲージにセットするスプリングも、ええ具合のモノを付けます。
・形状については、購入希望者の方にだけ図面公開します(笑)
・1セット10000円で作れるのは初期ロットのみです。

 

リブ製作機の自作

アルミパイプの抜け止め(リブ)を製作する工具を自作してみました。

NAエンジンに使うインテークパイプに抜け止めがいるか考えると、それほど必要に思えませんけど、パイプ切りっぱなしよりカッコいいと思うのでやってみます(笑)

 

最初はLアングルを使ったシンプルなやつ。
リブを作る部分はイイ感じでしたが、レバー比が適切ではなく、押し付ける棒とフレームの役割をするLアングルの強度も不足していてコイツはボツ。

 

どうしたものかと倉庫をまさぐると、プレスの付属品で良い感じの鉄板が出て来ました(^^)
それを使ってバージョン2を作ります。

適切なレバー比を実現する為に穴を開け直し、押し付ける棒はパイプではなく、ムクのスチール角材を使いました。

 

今度は上手くいきましたよ。



 

仕上がりは専用工具と同じとは言えませんけど、機能としては十分だと思います。
また作れるものが増えたので嬉しい。

追加ファンハーネスキット 【 for NA8C 】 について

 

こちらで紹介されたところ、いきなり5セット程納品させていただく事になった

「ユーノスロードスター用 追加ファンハーネスキット」 for NA8C

ですが、受付期間を過ぎてもちょくちょく問い合わせいただきます。

実際の製作数は、価格提示→「予算が合いません」→問い合わせの半分くらいの製作数
になる、といった状況です(笑)

 

キットの部材費から想像すると高く感じるのかもしれませんが、
・部材の発注
・組立
・カプラーオンキットにする為の試行錯誤
・梱包&発送
・取付説明書の作成(修正更新含む)
等々ワタシ一人でやっていて、その辺りの「工賃」を反映させていますので、それなりの価格になるのはご理解いただきたいところです。

 

NA8C用の基本仕様は以下の通り。
1.電源取り出し~リレー~ファン制御分岐~ファン電源線結線済み。
2.30Aリレー、防水ヒューズホルダ、ヒューズ(15A)同封。
3.追加ファンの制御は、コンデンサファン動作と連動。
4.コンデンサファンリレーからの制御信号を取り出すカプラー付き。
5.ファンの消費電力は80Wを想定し作成。
6.取付マニュアルあり。(ダウンロード)
7.エアコン不使用時、強制的にコンデンサ&追加ファンを回すオプションあり。
8.仕様変更等の相談も受け付けています。

 

というわけで、「追加ファンハーネスキット」にご興味があれば、下記アドレスにお問い合わせくださいませ。

 

-追記-
現在製作依頼は受け付けておりません。

 

 

 

G4 LINKプラグインの概要

 

LINKのコンテンツを作ってから、関連する問い合わせをいただく機会が増えました。

丸投げではなく、ご自分である程度できる方には、できる限りの対応はさせていただいてます。

その中でLINKのラインナップにあるプラグインモデルは、そもそもカプラーオンで手軽に使えるものなのか?
また、NA6と8、それぞれデフォルトファイルでそのまま動くの?といった質問もありました。

確かにLINKサイトの紹介だと、基板とカプラーむき出しの写真(笑)と、
MX5Link 1600 or 1800 Miata and GTX
といった記載だけなので、ピンとこないのかも知れません。

 

プラグインとワイヤーインECU。

 

そこを補完したくてコンテンツを増やしてきましたが、LINK装着後の話ばかりだったなぁと思い、それ以前の話をしたいと思います。

 

1.フリーダムからの変更
フリーダムの素晴らしいところは、完全に車種別の設計である事です。

対応車種は年式等々細かい条件が付きますが、アイドル制御も安定していて(諸説ありますがw)センサー校正も不要です。

ただ、入出力のチャンネル流用や増設が難しく、ノーマル制御以上拡張させる事ができません。

 

対してプラグインは、ワイヤーインモデルの基板に対応車種のECUカプラーを取付けて、ノーマルのピン配列に入出力チャンネルやクラセントリガーを割り当てたものになります。

motecやhaltecみたいな汎用フルコンを専用ハーネスを使わずにカプラーオンにしたのがプラグインモデルという感じですかね。

また、CANを含む拡張コネクタや、補助出力(AUXチャンネル)が実装されていますから、センサーを増やしたり出力の増設も可能です。

 

ロードスターでいうと、シーケンシャル噴射・点火への変更、燃料ポンプのECU制御、クラセン変更、センサー増設などなど拡張性はかなり広がるでしょう。

任意の条件で別の燃料マップを読ませたり、メインマップの負荷軸をスロットルセンサー、セカンドマップはサージタンクのバキュームセンサーを割り当てデュアルマップにしたり、多ホールインジェクターへの変更もできます。

 

とはいえ、取扱いはゴリゴリの汎用フルコンと変わらないので、各センサーの校正やピン割当に対し、どこがどうつながるのかを把握していないと、後々はまる可能性大です。

 

あと、ECUのカプラーはNA8シリーズ1.5までの形状(22・26ピン)です。

NA8シリーズ2、NB1に使う場合は変換コネクターとECUケースが別途必要になります。

 

2.ピン配列と割り当て
中身がワイヤーインモデル(汎用ECU)なので、ピンの割り当てを把握しないと、設定チャンネルの扱いやどの程度拡張できるのかわかりませんよね?

 

基本となる割り当てやトリガについては、Mazda MX5 G4+ Xtreme Plugin.pclr というデフォルトファイルで設定されており、補助出力をどこに割り当てているかも各設定フォルダを展開すれば確認できます。

 

ワタシはPC-LINK(LINK用ソフト)のHELPにあるピン配列を見てもよくわからなかったので、ピンアサインという記事でまとめました。

 

NA6とNA8の各モデルで比較すると、電源やアースは共通で、インジェクタ&イグニッションドライバー、フューエルポンプ、タコメーターなどに差異がありますから、その辺りの設定(使用・不使用)を変更する必要があります。

そこまで出来たらエンジン始動まではすぐできるかと。

その後のよくわからない所があっても、当サイトの記事を読んでいただければ大抵解決できると思います。

 

というわけで、たのしいたのしい沼に一緒にハマりませんか?(笑)