FOSの購入について

FOSについて、従来でしたらある程度の台数バックオーダーをいただいてからの発注となり、どうしてもお届けに時間がかかってしまいます。

お取り扱いいただいているショップ様にうかがうと、手持ちの在庫を販売しても良いですよと承諾いただきましたので、お急ぎで購入希望される方はJOYFASTさんにお問い合わせいただければと思います。

 

JOYFAST

 

価格等は、JOYFASTさんに直接メールでお問い合わせください。

よろしくお願いいたします。

 

ボルトストレッチゲージ(オリジナル企画再募集)

3年ほど前の当企画。

 

終了してから何軒も問い合わせがあり、都度完売をお伝えしておりましたが、再募集し最低ロット集まれば再製作することになりました。

最低ロットでの製作の場合、1セット17000円(税・送料込)になります。

2023/4/3
正式発注しました。

 

2023/5/1
完売しました。

ご予約いただいた皆様、ありがとうございます。

 

・mm単位ダイヤルゲージ使用のメリット
ARPボルト200-6209の目標ストレッチは0.0055-0.0060(in.)です。

インチ表示のストレッチゲージでその範囲を示すとこんな感じ。

 

対してミツトヨの2109S-10を使用し、in.→mm変換した寸法(0.140-0.152mm)を示すと大幅に範囲が広くなることがわかります。

 

標準的な締め付けトルクで締め付けた際、新品と繰り返し締め付けたボルトでは伸び寸法が違ってきます。

ボルト個体のコンディションを確認しながら作業するのに、大きな針振れの範囲で判断できるのは大きなアドバンテージになります。

 

このように2つ使うと驚くほど効率的に締め付けることが出来ます。
(というか、こうしないと均等に締付け出来ない気が...)

 

以下はファーストロットの仕様ですが、ほぼこれに準ずる仕様で製作する予定。

 

本体ジュラルミン+ショット後に硬質アルマイト仕上げ。

ミツトヨの2109S-10に部品を追加し、それをセットして使うホルダーで、ARP製コンロッドボルトのラインナップに対応し、ボルトをはさみ込んで保持するようになっています。

 

持ち手は親指の関節に少し引っかかる様な形状をしており、安定して持つ事が出来ます。

 

ダイヤルゲージ外側の目盛りが干渉しなようにザグリを入れています。

 

寸法調整用ボルトのネジ山はM8並目なので、普通のボルトを加工してオーナーオリジナルの調整ボルト装着も可能です。

 

お問い合わせはこちらまで。