G4 LINKプラグインの概要

 

LINKのコンテンツを作ってから、関連する問い合わせをいただく機会が増えました。

丸投げではなく、ご自分である程度できる方には、できる限りの対応はさせていただいてます。

その中でLINKのラインナップにあるプラグインモデルは、そもそもカプラーオンで手軽に使えるものなのか?
また、NA6と8、それぞれデフォルトファイルでそのまま動くの?といった質問もありました。

確かにLINKサイトの紹介だと、基板とカプラーむき出しの写真(笑)と、
MX5Link 1600 or 1800 Miata and GTX
といった記載だけなので、ピンとこないのかも知れません。

 

プラグインとワイヤーインECU。

 

そこを補完したくてコンテンツを増やしてきましたが、LINK装着後の話ばかりだったなぁと思い、それ以前の話をしたいと思います。

 

1.フリーダムからの変更
フリーダムの素晴らしいところは、完全に車種別の設計である事です。

対応車種は年式等々細かい条件が付きますが、アイドル制御も安定していて(諸説ありますがw)センサー校正も不要です。

ただ、入出力のチャンネル流用や増設が難しく、ノーマル制御以上拡張させる事ができません。

 

対してプラグインは、ワイヤーインモデルの基板に対応車種のECUカプラーを取付けて、ノーマルのピン配列に入出力チャンネルやクラセントリガーを割り当てたものになります。

motecやhaltecみたいな汎用フルコンを専用ハーネスを使わずにカプラーオンにしたのがプラグインモデルという感じですかね。

また、CANを含む拡張コネクタや、補助出力(AUXチャンネル)が実装されていますから、センサーを増やしたり出力の増設も可能です。

 

ロードスターでいうと、シーケンシャル噴射・点火への変更、燃料ポンプのECU制御、クラセン変更、センサー増設などなど拡張性はかなり広がるでしょう。

任意の条件で別の燃料マップを読ませたり、メインマップの負荷軸をスロットルセンサー、セカンドマップはサージタンクのバキュームセンサーを割り当てデュアルマップにしたり、多ホールインジェクターへの変更もできます。

 

とはいえ、取扱いはゴリゴリの汎用フルコンと変わらないので、各センサーの校正やピン割当に対し、どこがどうつながるのかを把握していないと、後々はまる可能性大です。

 

あと、ECUのカプラーはNA8シリーズ1.5までの形状(22・26ピン)です。

NA8シリーズ2、NB1に使う場合は変換コネクターとECUケースが別途必要になります。

 

2.ピン配列と割り当て
中身がワイヤーインモデル(汎用ECU)なので、ピンの割り当てを把握しないと、設定チャンネルの扱いやどの程度拡張できるのかわかりませんよね?

 

基本となる割り当てやトリガについては、Mazda MX5 G4+ Xtreme Plugin.pclr というデフォルトファイルで設定されており、補助出力をどこに割り当てているかも各設定フォルダを展開すれば確認できます。

 

ワタシはPC-LINK(LINK用ソフト)のHELPにあるピン配列を見てもよくわからなかったので、ピンアサインという記事でまとめました。

 

NA6とNA8の各モデルで比較すると、電源やアースは共通で、インジェクタ&イグニッションドライバー、フューエルポンプ、タコメーターなどに差異がありますから、その辺りの設定(使用・不使用)を変更する必要があります。

そこまで出来たらエンジン始動まではすぐできるかと。

その後のよくわからない所があっても、当サイトの記事を読んでいただければ大抵解決できると思います。

 

というわけで、たのしいたのしい沼に一緒にハマりませんか?(笑)

 

スマートフォンホルダー その1

元々は小さいブルートゥースキーボードをハンドルセンターに取り付けして、使えなくなるホーンボタンを移設する良いアイテムが無いかなぁと探していました。

ハンドルとボスの間に挟みこむホーンボタン移設キットは、あまり選択肢が無くてモノがあってもちょっとお高い。

しかもキーボードの固定方法もなかなか思いつかない(笑)

その懸案を一気に解決するアイテムをどこかで見たような...

あ、コレだと思い出したのがマツプロダクトさんのスマホホルダー。

3Dプリンターのデータも販売されていて、面白そうだなと頭の片隅に残っていたんですね。

 

matsu’s Products


写真はマツプロダクトさんより。

 

MOMOとNARDY両ピッチに対応していますし、在庫があったので購入してみました。

ラフィックスなのでガチャっとハンドルを外して家に持ち込み、届いたホルダーを仮組みしてみます。

ホルダー本体を固定するベースパーツ(取り付け方としてはハンドルとボスの間に挟み込みます)を、ハンドルの上からあてがって確認。
ハンドルピッチは完璧です。

 

で、ピッチが一致した状態で上から見るとエラーが!

本体を固定するボス部分がハンドルに一部隠れてしまいます。

 

ボス部は裏からハンドル側に出っ張って来ないといけませんから、取り付けできない事がここで判明。
ボスを出す位置までずらすとこんな感じ(^_^;)

 

仮に何とかボスの顔を出したとしても、本体のホーンボタンが干渉しますので加工は現実的では無いですね。

 

諦めて返品か?などと思いつつ、とりあえずは現状をマツプロダクトさんに連絡したところ、丁重なお詫びとともに、

「時間をいただけるなら、MOMOベローチェモデルを作ります!」

との返事が!

これぞ神対応ってやつでは無いでしょうか。

 

干渉部の写真や寸法を何度かやり取りし、待つことひと月あまり。ベローチェ対応モデルが届きました。

左がスタンダード品です。

 

見栄えでホーンボタンを付けていますが、実際は配線の関係で外すことになります。

 

その2へつづく...。

 

今年もお世話になりました

今年も数時間を残すのみ。

フルコン絡みで「コレ、ワタシに出来るのか?」とビビりながら、何とかやり切った案件が自身の中ではハイライトでしたね。

信じてもらえてチャレンジする機会を作っていただいたウエダさん、HDさん、ありがとうございました。

 

それと、縁あって作業させていただいた方々、ありがとうございました。
少しでも皆さんのロードスターライフを充実させるお手伝いが出来たのでしたら、とても嬉しく思います。

 

あと、全塗装ではいい職人さんに出会う事が出来、何とか仕上げる事が出来ました。
準備のバラシ、職人さんとのやり取り(実は行き違い等々で少しもめた)、手元に2カ月ほどロドスタが無い生活でメンタルが揺らいだり、帰ってきてからの組みつけは気を使いすぎてやるのが嫌になったり。

その甲斐あって、今では洗車が楽しくて(笑)

 

というわけで、これからもボチボチやって行こうと思います。

来年もよろしくお願いいたします。


今年の1枚。トシくんと大山ツーリング。

 

鈑金の進捗

部品を持っていくついでに進捗を見てきました。

クルマを預けて4日後の状態。
赤いのが1番細かいパテだそうです。

 

クリア層は全体がダメになっていたみたい...。

 

フロントフェンダーがかぶっているところ。
錆が出ていましたが、ケレンしたらきれいになったようで一安心。

 

で、本日。
サフェーサーが塗られていました。

 

ガラスも外されています。
錆は大丈夫でした。

 

塗る色に近い感じの黒いサーフェーサーです。
コレはこれでカッコイイ(笑)

 

今のところ、順調なようです。

 

YOKOHAMA S-drive

先日タイヤを交換したのですが、見た目、グリップ、耐摩耗性、価格等のバランスが良く、ずっと愛用しているSドライブにしました。

急遽履き換えの必要があり、有力候補だったピレリP1は少し先になりそうです。
というか、舞ジム用にP1を用意したいなー。贅沢だけど。

 

さて、いつ位から使っていたのか過去日記を検索すると、2007年1月に初めて履かせたようなので9年!

間にZ1、ネオバをはさんで2年ほど前からセカンドグレードに戻ってきてもまだ手に入るとは(笑)
長い間生産されているんですね~。
 

 

そんなSドラもアドバンブランドの「フレバ」というタイヤにバトンタッチするようです。

 

大事に使おう。
sdii

sdii5