A/F計をCANで接続

テックエッジはアナログの0~5Vを出力しますので、それをECU側でキャリブレーションして数値をみたり、ラムダコントロールに使ったりしています。

LINKにも同じように使えますが、比較的安価でCAN出力を備えた空燃比計が手に入ったので、使ってみる事にしました。

 

AEM X-SERIES UEGO GAGE (Bosch LSU4.9)

 

0~5V アナログ出力、RS-232出力、CAN出力(H:白/黒線、L:緑/黒線)。
5Aヒューズ別途要。
3or4桁表示選択可。大気校正(AutoCal)単体操作で可。
センサー~メーター側コネクターまで約4.5m。

表示部はホルダーもしくは埋め込んで使います。

 

リーン表示は少しさみしい(笑)

 

CAN接続する場合、メーター個別のID設定が必要です。
AEM側のID確認は、表示部の「MODE」「SEL」ボタンを押して行います。

 

デフォルトはID1が設定されていました。
LINKのCAN設定をする時、このID値は重要です。

 

 

LINK CAN設定

ECU制御 - CAN設定

 

ストリームタブ - ストリーム1を選択 - フレーム読み込み

 

ファイル一覧から、AEM X-series UEGO… を選択 - 開く

 

ストリーム1の下にフレーム1と、パラメーター「ラムダ1」が追加されるはずです。

 

モードタブ
重要なのはCAN IDの数値で、AEM側の設定がID1ならCAN IDは「384」です。
ID2なら「385」、ID3「386」という感じ。
ストリームタブで読み込んだフレームは、ストリームの階層下にあり、ECUがデーターを受け取る側なので、モードは「Receive ユーザーストリーム」です。

 

PC LINKでラムダ表示させるのは、ダイヤル、デジタルゲージ等の表示項目で「ラムダ1」を割当すれば表示でき、キャリブレーションも不要です。

 

 

CANの結線

LINK側は拡張コネクターのCAN1/RS232 に接続。
CAN_Hは3番端子、CAN_Lは2番端子です。

 

CAN接続の計器類が増える事を想定し、面倒ですが終端抵抗含めコネクターでつなげるようにしています。

 

LINK側コネクター

 

末端の終端抵抗。
コネクターの先っちょに120Ωの抵抗を仕込み、伸縮チューブで保護してます。