プラグインでエアコンリクエストが切れる件

プラグインモデルを取り付けしたワタシのクルマで起きた事象になります。

エアコンスイッチを「ON」にしてブロアを回した時、風量「1」だとコンプレッサーのクラッチは外れずエアコンは効いているのですが、「2」以上にするとエアコンリクエストが切れ、エアコンが止まってしまいました。

どうもプラグインに換装したエアコン付きのNAは、ファンの風量を上げて行くといづれかの段階でエアコンリクエストが切れる事象が出るようです。
(全く問題なく最大風量までいく個体もある様ですが、まれなケースです。)

 

原因がわからなければ対処できませんので、まずはそこから。

エアコンリクエストのECU側のピンは「1Q」(Sr.1、1.5)「1K」(Sr.2)で、デジタル入力としてLINKに割当てられており、設定のOnレベルはLowなので、このピンがグランド(GND・アース)に落ちたらACリクエスト「ON」→ACクラッチ&コンデンサファン「ON」になるという流れになります。

 

では次にデジタル入力のLow検出は、グランド間との抵抗0Ω(電圧0V)でなければいけないのでしょうか?

1Qピンとグランド間に電圧計をつなぎ、エアコンスイッチ「ON」・ファンスイッチ「1」で確認すると、mVオーダーにはならず1Vちょっと電圧が出ていましたが、エアコンリクエストは切れませんでした。
という事は、Low検出は電圧があっても(多少の抵抗があっても)出来ている様です。

続いてファンスイッチ「2」にすると、少し電圧が上がってエアコンリクエストは切れてしまいます。ファンスイッチの風量を上げて行くと、電圧も同じように少しづつ上がっていきました。

エアコンリクエストが切れる電圧を探っていくと、だいたいの閾値がわかってきましたので、そこまで電圧を上げない(グランドの電位を上げない)様にすれば良い訳ですね。

 

ブロアファン周りの回路を自分が見やすい様にしてみました。

 

A/Cスイッチを入れてもブロアを回さなければ、DI1がグランドに落ちない回路になっています。

風量を上げると電圧が高くなってくる理由は、回路の抵抗が0Ωでは無い(グランド間)という所で、ブロアを回した時の電流の流れと合わせて考えれば理解できます(^^)

 

識者の方にご指導いただき対処方法もわかりましたが、車両の個体差と確実な動作をさせたいので、対策用のアダプターを製作しました。
センターコンソールの分解やハーネスの途中分岐等不要ですから、比較的簡単に導入できる様になっています。

 

興味のある方がいらっしゃいましたら、メールでお問い合わせください。