ボルトストレッチゲージ企画完了

企画に賛同いただいた方々へのデリバリーが完了しましたので、製品の紹介をもって当企画は完了とします。

製品リリースまでの顛末はこちら。

 

本体ジュラルミン+ショット後に硬質アルマイト仕上げ。

ミツトヨの2109S-10に部品を追加し、それをセットして使うホルダーで、ARP製コンロッドボルトのラインナップに対応し、ボルトをはさみ込んで保持するようになっています。

持ち手は親指の関節に少し引っかかる様な形状をしており、安定して持つ事が出来ます。

 

ダイヤルゲージ外側の目盛りが干渉しなようにザグリを入れています。

 

寸法調整用ボルトのネジ山はM8並目なので、普通のボルトを加工してオーナーオリジナルの調整ボルト装着も可能です。

 

時間はかかりましたが、良いものが出来たと思います。
末永く愛用いただければ幸いです(^^)

 

 

ボルトストレッチゲージ続報

コンロッドボルトをちゃんと締めつけるのってどうするの?と気になって調べ出したらハマってしまい、希望者を募り製作する事になったボルトストレッチゲージ企画の続報です。

ARPのカタログでコンロッドボルトを締める時はコレだぜ!と紹介されていたゲージ。


ARPカタログより

 

ダイヤルゲージにスプリングが内蔵されているようで、ボルトをはさみ込んだ状態を保持し、そのまま工具で締めつけながら伸びを読みとれるみたいです。

なので、だだダイヤルケージをホルダーに取り付けただけでは無さそう。

スプリングの強さも気になるし、専用品を見ないでこの企画を進めるのもモヤモヤするし...

 

というわけで、気がつけばコイツが手元に(笑)
みんカラのお友達の方にお願いして、仕入れていただきました。

 

流石のスペシャルツール。
あんな事やこんな事がバッチリわかりましたので、その辺りを踏まえ図面を起こし、仕様も決めました。

・ミツトヨ製のダイヤルゲージ取付を前提にしています。(別途用意する必要があります)

・ダイヤルホルダーの材質はジュラルミンで硬質アルマイト(黒)仕上げ。
・ARP製のコンロッドボルト全ラインナップに対応する為、フトコロは調整できます。
・ダイヤルゲージを固定する六角穴付き止めネジ、フトコロを調整するロッドはミリサイズ。
・調整ロッドの材質は摩耗に強いSCM。
・ダイヤルゲージにセットするスプリングも、ええ具合のモノを付けます。
・形状については、購入希望者の方にだけ図面公開します(笑)
・1セット10000円で作れるのは初期ロットのみです。

 

リブ製作機の自作

アルミパイプの抜け止め(リブ)を製作する工具を自作してみました。

NAエンジンに使うインテークパイプに抜け止めがいるか考えると、それほど必要に思えませんけど、パイプ切りっぱなしよりカッコいいと思うのでやってみます(笑)

 

最初はLアングルを使ったシンプルなやつ。
リブを作る部分はイイ感じでしたが、レバー比が適切ではなく、押し付ける棒とフレームの役割をするLアングルの強度も不足していてコイツはボツ。

 

どうしたものかと倉庫をまさぐると、プレスの付属品で良い感じの鉄板が出て来ました(^^)
それを使ってバージョン2を作ります。

適切なレバー比を実現する為に穴を開け直し、押し付ける棒はパイプではなく、ムクのスチール角材を使いました。

 

今度は上手くいきましたよ。



 

仕上がりは専用工具と同じとは言えませんけど、機能としては十分だと思います。
また作れるものが増えたので嬉しい。

ロールケージのマイナーチェンジ

メインアーチが狭いタイプのサイトウを使っていましたが、やっぱりワイドな方がカッコイイなぁと思い、ロールケージを変更してみました。

 

中古で幌用のクロモリを入手。
リアバーの穴を開け直したくなかったので、同じくサイトウのやつです。

 

で、車体に取り付けて揺さぶるとメインアーチがしなるしなる(笑)

コレはボディのどこかと共締めしないとイカンなぁとアレコレ考え、リアバーとつなぐ形で仮組み。

 

ちなみにジョイントは在庫していたクスコのリア・斜交バーをウエダさんに旋盤で取り出してもらったものです。

 

その後、何度も検討しなおしてメインアーチをつなぐ箇所は変更しました。(後述)

 

ブラケットの溶接はウエダさんにお願いして、仕上げはツヤ消し黒の自家塗装w




 

ブラケット位置はココになりました。

 

シートをブチ当てて傷をつけたくなかったので、パッドを巻いておきます。

 

とりあえずメインアーチのしなりは無くなったので満足。

次はどーだバーとの共存ですが、どうするかはこれからボチボチと考えます(笑)

 


ロドスタの全塗装準備-2

前回の1週間後、外装周りの分解をしました。

リアガーニッシュなど外し、軽く清掃。

 

ドアヒンジも外してみる。
オリジナルは位置決めのノックピン?があるんですね。

新しい部品を片側上下注文すると、右上は左の下側、左上は右の下側が届きます。(知らずに慌てたのはナイショ)
なのでノックピンは無くなります。


下のヒンジを外すと錆が...。

左も下側の合わせ面にサビ...。予定外ですがココも塗ってもらいます。
というか、確認して良かった。


フェンダーを外し...


新品を合わせてみる。


で、無事鈑金屋さんに入庫となりました。


鈑金屋さんが作業しやすいよう、出来る限り部品を外して持って行きました。
そういった行為はご遠慮下さいというところもあるので、事前に確認した方が良いと思います。

今回は(次回は無いと思いますがw)全然問題ないと言ってもらったところにお願いしました。

ちょくちょく進捗を見れたらいいなぁ。