RSGW オイルエレメント交換サポート

 

オイルエレメント交換をサポートするアイテムです。

いつもはインマニステーを外してメンバーに新聞紙を置き、手前にオイルを垂らしていましたが、コレを使えばブロックやメンバーについたオイルのふき取りが不要となって良いかも?と購入してみました。

 

オイル受けとなるパーツにホースが付属されていますが、使い勝手を色々考えた末、ホースの先にボトルを取付けてみました。

スペシャルアイテムを使うなら、作業工程が少しでも減らないと意味ないと思うので、今回はインマニステーを外さずエレメント交換してみます。

 

リフトアップしてアンダーカバーを外し、メンバーの外側(クラッチレリーズが見える所)からオイル受けをオイルクーラーに引っかけます。

 

写真を見て気付きましたが、ちゃんとインマニステーをかわしてセットされているんですね~。

エンジンからオイルを抜きつつオイルエレメントを緩めると、ボトルにオイルがスーッと入っていきます。

エレメントを外し手前に持ってくるまでオイルをまき散らさなければ(笑)かなりクリーンな作業が出来ますね。

とても良く考えられているアイテムだと思います。

ご自身でオイル交換される方、おススメですよ(^^)

 

ドアロック交換

最近、助手席側ドアの開け閉めで、聞き慣れない「ガチャン!」という音が出てきた。 

ドアのキャッチを見ると爪の周りにある黒い樹脂が割れ、金属がむき出しになっています。 
このままだと車体側の受け(ストライカー)が削れそうですし、シートベルトに続き、レストアの一環として新品と交換しました。
dorLk_3_thumb

 

・58-310Z    ドアー ロック(L)    NA01-59-310B 
(・58-310    ドアー ロック(R)    NA01-58-310B) 
・62-681B    フロント ドア ウェッジ    NA01-62-681
dorLk_2_thumb

 

新品には車内外のドアノブとロックにつながるロッドが付いてきました。 
車外ドアノブのみ、現状付いているものを使います。 
dorLk_1_thumb

 

内装を外し、まずここから。 
dorLk_4_thumb

 

ドアノブのロッドを外す。 
dorLk_5_thumb

 

次にドアロックロッドを外す。 
ネジが切ってあるように見えまずが、グルグル回しても外れません(笑) 
下記の様に割ってはめ込みから外します。溝位置でロッドのテンションを調整するみたいです。 
dorLk_6_thumb

 

爪を浮かしてパカッ。 
dorLk_7_thumb

あまり見たことないパーツなので、少し観察。 
dorLk_8_thumb

dorLk_9_thumb 

 

ドアロックロッドの反対側です。 
この時点でロッドと四方に爪が出る黒いパーツ(リンク)も外すと少し作業スペースができますよ。 
DSCN0147_thumb

 

車外キーシリンダーのロッドを外す。 
dorLk_10_thumb

 

白い樹脂の部品が車外のドアノブロッドをはめ込むパーツです。 
dorLk_11_thumb

 

この時点でドアロックのネジ3本を外し、本体をドア内で動かせるようにすれば、固定したままより作業性が良くなります。 
dorLk_13_thumb

 

で、最後に○で囲んだ車内ドアノブロッドの固定を外します。 
dorLk_14_thumb

 

こんな爪形状だからでしょうか、外すのもはめるのもワタシにとっては非常にやりずらい作業でした...。 
dorLk_15_thumb

 

ガラスのスライドレールをかわしてドアの外に摘出です。 
dorLk_16_thumb 

 

逆の手順で取り付けて完了です。 
いやーキモチイイっすね。 
dorLk_17_thumb

 

ついでに交換したフロントドアウェッジ。 
左が新品、右が19年物の方(笑) 
ドアを開けた時の感じが若干変わります。 
dorLk_18_thumb

 

ドアの開け閉めをした時、「新車の時こんな感じの音だったのかな...」と都度楽しめますよ。

 

BPエンジン オイルレベルゲージの比較

たまたま目にした記事で初めて知りました。
同じBPエンジンでも
NAとNBでオイルレベルゲージの長さが違う
という事を. ..。

それぞれエンジン単品で用意して、例えばNB腰下にNAヘッドといった組み方をする場合や、 ばらばらに寄せ集めて1つのエンジンを組む時など、ゲージやパイプを適当に組み合わせると、オイル過多や不足を招く可能性があります。
自分の場合はどうなんだろう?と気になったので調べてみました。

 

まずはオイルパン差込部です。
双方ともブロックまで同寸と言っていいと思います。
img_20130625T191141625
img_20130625T191142343


オイルパン裏側。
ゲージを奥まで差し込むと、[H」と「L」のラインは写真位置になります。img_20130625T191142781


上がNB、下がNAのゲージです。やはりNAの方が長い。  
img_20130625T191143171 


オイルパン差込部よりパイプ端面まで測ると...
img_20130625T191143578


NAは全長約418mm。
img_20130625T191143968


対してNBの全長は約404mm。
img_20130625T191144375


次にエンドプレート取付ブラケットより上側の寸法。  
img_20130625T191144781


NAは約177mm。
img_20130625T191145234


NBは165mm。
img_20130625T191145687


今度はオイルパンの方向。
NA約225mm。
img_20130625T191146109

 

NB約225mmで同寸。
img_20130625T191146531

 

まとめ
パイプ全長はNAの方が長く、オイルパンからエンドプレート取付ブラケットまでは差異はありませんが、 ブラケットより上側が15mm程NAの方が長い事がわかりました。

ゲージもNAの方が15mm程度長いという結果に。


正しい組み合わせを判断するには、ゲージをパイプに差込み、パイプ下部端面から「H」ラインが見えたらOK。
これは、NA・NB共同じです。
ココがOKなら、ゲージはどちらを使っても正しい油面となります。
img_20130625T191146984


組み合わせが悪ければ、写真のように「L」ラインしか見えなかったり、「H」ラインよりもっと上側が出てくると思われます。
img_20130625T191147453

 

私の場合は、2ndエンジンを組む際、どちらもNB用を新たに購入していたようなので、問題は無かったようです。

 

パワステホース交換

パワステ高圧ホースのカシメからのフルード漏れが結構な感じになって来たので、周辺のホースも含め交換しました。

プレッシャーホース N002-32-490C
img_20130406T204759453

 

タンク~ポンプ間のホース NA02-32-684B
img_20130406T204801140

 

と、ココまでは良かったんですが、パワステラックからタンクへのリターンホース 「NB11-32-682」が欠品&生産終了らしい。
NA8Cのシリーズ2だけこのホースが採用されている模様。

シリーズ1.5まではリターン配管がもうワンスパンあって、フルードをクーリングする構造のようなので、 ここもコストダウンされたんでしょうか?
NBとか使えるだろうとタカをくくっていたら、どうしようも無い状況という事がわかって少し焦る(笑)

幸い、ほぼ真っ直ぐな形状なので、今回汎用品で対処しました。
ホースガレージ.comにて、内径9.5mm(外形17.4mm) の耐油ホースと、内径16mmのエアロフレックス断熱チューブを購入。
組み合わせてそれっぽいホースを用意。

欠品ホース NB11-32-682 とNewホース。 
img_20130406T204801656

 

あと、パワステラックを支えるブラケットのブッシュも用意しました。多分1回も交換していないと思うので。img_20130406T204802156

 

準備が整ったのでエアクリーナーを外してゴソゴソ。
タンクのフルードは注射器で上抜きしましたが、ポンプに行っているホースを外せば下抜きできます。
ちゃんと受けないとえらい事にになりますが...。
img_20130406T204802671


プレッシャーホースのポンプ側ナットはO2センサーと同じサイズなんですね~(サイズ:22)
ちなみにラック側のサイズは17でした。このサイズのフレアナットレンチを今度買おう。
img_20130406T204803218

 

ポンプとタンクも外してきれいに。
img_20130406T204803625 img_20130406T204804109 img_20130407T180819515

 

エア抜きはホース類を全部組み上げた後、スタンダードな方法でやりました。

フルードをある程度入れ、車体を浮かした状態でロックトゥロック数回。
次に車体を下ろしてロックトゥロック数回。

タンク油量を調整して終了です。


今回、ホースとタンクから抜いたオイル量は、だいたい350cc程。
整備書によれば、パワステフルードは全量で0.8リットルらしいので、まだ半分は古いフルードが残ってます。

しばらく走ったら少し抜いて、残った新油と入れ替えようと思います。

 

フューエルフィルター交換

フィルターにかかっているフューエルプレッシャーを事前に抜きます。
フューエルポンプのカプラーを外し、ガソリン給油口のキャップをゆるめてセルを「キョキョキョー」と回しておきました。

今回はリアのみジャッキアップ。
フューエルフィルターは車体右後ろ、運転席の後ろ辺りにあります。
PB020692_R


赤丸のファスナー5つを外すとカバーが取れ、フィルターにアクセスできます。
PB020693_R 


上側がタンクから来るホース、下がエンジンに向かうホースです。
コイツのクリップをずらしてホースを2箇所外しますが、いくら圧を抜いていてもガソリンは多少なり出てきます。
ゴーグルを装着したり、真下に顔を持ってこないとかしてそれなりに対策しておいて下さいね。
PB020696_R


フィルターは2本のボルトで固定されています。
外したホースにはガソリンを止める為、手持ちのボルトで栓をしてます。
PB020697_R PB020698_R


旧フィルターの中からは黒いガソリンが...
PB020699_R


ブラケットはフィルターの出っ張りに合わせて位置決めします。
テンションがかかってますので、バイスグリップで押さえてからボルトをかけました。
PB020705_R PB020711_R


サクッと終了。
PB020730_R