【Tooth Ratio】欠歯トリガーでの設定

HELPを読んで何となく理解していたつもりになっていたところ、エラー対応に迫られてなかなか解決できなかったので(笑)自分なりの解釈をここに書いておきます。

Tooth Ratio の設定が必要になるのは、多歯で欠歯があるクランクトリガ(36-1とか60-2など)を装着した場合で、今回はNA8クラセンのSync歯を1枚カットしたものと36-1の組み合わせ。

症状としてはSync Errorが発生してエンジンがかからず、初爆もなし。

Ref/Sync関係のパラメーターについては正しく入力されており、よくわからずデフォルト値のままなのはTooth Ratioのみ。

Tooth ratioは50%に設定すると幸せになるよ!とHELPに書かれていますが、その数値だと今回のケースでは適切ではないようです。

 

あれこれやって、初爆きました(^^)

 

結果してSync Errorの原因は、クランキング中の回転の低さとエンジン回転のムラも相まって、隣り合わせの次の歯をTooth Ratio以降に検出してしまい、欠歯と誤検出したためでした。(Ref歯の波形間隔がクランクの回転ムラにより等間隔で入力されない)

そうなるとあらかじめ設定したRef欠歯数(One Missing)と整合性がとれないため、Sync Errorが消えなかったんですね。

 

Tooth Ratio については、

「次歯の予想点からTooth Ratio分プラスした範囲が次(隣)歯の検出範囲」

「次歯検出範囲を超えたところで波形を検出したら、その間を欠歯と認識する」

と私は解釈しました。

 

Tooth Ratio=次歯検出範囲
(エンジン回転ムラを考慮して調整するパラメーター)
という事ですね。

 

元の数値(50%)をどうすればエンジンがかかったのか、それは下記図を見て想像してみてください。

回転ムラで歯の間隔が広がり、Tooth Ratioというエリアを外れたら「ギャップ」とみなしてしまうので次歯検出範囲を...(笑)

 

【Lambda Control】 ラムダ クローズドループ制御

アイドリングでの燃調はメインマップを基にセカンドマップの他、流入空気温度補正、ISCVアクチュエーター開度補正で「14.7」に合わせ込んでいます。

しかしながら、どうやってもつじつまが合わない状況もあり、なかなか純正っぽく動かせていません。

そこで、ワイドバンドラムダセンサー入力を使い、クローズドループ制御で対応してみる事にしました。

※ちなみにこの制御は、アイドリング時のインジェクターパルス幅が「1.5 msec」以下では正常に機能しないとフォーラムに書かれていましたので、まずはそこから確認するのが良いと思われます。


【Lambda Control】 / 【Setup】

 

・Function
使用するセンサーを指定します。

・Rich Trim Limit
増量補正上限値。

・Lean Trim Limit
減量補正上限値。

・Long Term Filter
ラムダマップ全体に反映させる補正値。今回不使用です。

・Active Engine Temp
クローズドループ開始水温を設定。

・Diag Engine Temp
設定温度以下ではセンサー故障を除外。

・Sensor Selection
センサー数と使用センサーを指定。

・Recovery Delay
クローズドループがオフになり(オフの状況は後述)、復帰条件になってからオンになるまでの時間。

・Warm-up Delay
センサーウォームアップ中、ラムダコントロールをロックする時間。


【Lambda Control】 / 【Rate】


ココの設定値は、センサーの反応速度が大きく関係します。

ワタシの場合は触媒直前にセンサーがついていますので、エキマニからそこそこ離れています。
だからでしょうか、Fuel Overall Trim で増量(20%)した瞬間から安定するA/Fになるまでの時間を測ると、3秒近くかかっている事がわかりました。(アイドリング時)

Lambda Rate の上限値は「2.0sec」 なので微妙なところですが、なんとかこの数値でイケそうです。 


【Lambda Control】 / 【lambda Step】


更新周期における補正率。(%Trim)

デフォルトの80では増減の補正量が大きいからか、ラムダ=1を中心に濃い→薄い→濃い...とハンチングを起こします。

また数値を絞り過ぎると、ラムダマップの数値に補正される時間がかかるようになるので、5~20辺りで調整する必要がありました。

RateとStepをセットでチューニングしないと、上手くいかない印象です。


【参考】ラムダクローズドループOFF条件
・ラムダテーブルの値が「0」。
・ラムダセンサーウォームアップ中。
・インジェクタのパルス幅が1.5msec以下。
・加速増量補正中。
・レブリミッター作動中。
・トラクションコントロール作動中。
・ギアチェンジイグニッションカット作動中。
・オーバーランフューエルカット作動中。